一生自分の歯で噛みたいなら、無愛想な歯医者を選べ!

スポンサーリンク




前岡遼馬
このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。

ネットに情報が溢れ、医学も発展して新たな治療法が次々に出てくる現代。

とても便利な時代になったと実感する機会も多いのですが、歯医者選びに関しては未だに迷ってしまう方は多いようです。

実際、僕ら歯医者の間でも「どの先生が本当に患者さんのことを考えて治療をしているのか?」という部分は実際の治療に立ち会ってみないとなかなか分からなかったりします。

セミナーや勉強会ではすごくいいことを言っているけど、発表用のケース(症例)として作られたものだったり、自分の名誉を守るための発言だったりすることも少なくありません。

専門職でさえ同業者の中から信頼できる歯医者を選ぶのが難しいのですから、一般の方にとっては「自分の歯のことを真剣に考えてくれる歯医者」に巡り合うことはとても困難なことだと言わざるを得ません。

歯医者がコンビニよりも多いことを考えれば、なおさらです。

そこで今回は、歯医者を選ぶ上で「これだけは外して欲しくない」という部分を中心に、「歯医者の選び方」についてお話したいと思います。

タイトルにある「無愛想な歯医者」の意味もこの記事を読み終えた頃にはしっかり理解して頂けると思いますので、是非、最後までお付き合い下さい。

では、早速いきましょう!

これからの時代の歯医者選び キーワードは「無愛想」

無愛想という言葉の意味だけを考えると「愛想のないこと」や「そっけなくつっけんどんなこと」などマイナスなイメージが強いかと思います。

一般的には「笑顔がなく、寡黙(かもく)で、優しさを感じられない人」といった雰囲気でしょうか。

しかし、今回僕が使う「無愛想」という言葉は、プロとしての在り方(スタンス)を指しています。

患者さんに会った時に挨拶をしないとか、「痛い」と言われてもただただ無言で黙々と治療をするとか、治療内容の説明をしない、といった歯医者を選んで欲しいということではありません。

あなたの歯を守ることに本気になってくれる歯医者を選ぶ最大のポイントは、”「無愛想な在り方」を貫いているかどうか”ということです。

少し抽象的な表現なので、これから詳しく見ていきましょう。

「おもてなし」に踊らされてはいけない

「来院された患者さんに最高の時間をお過ごし頂くために」

「当院はアロマセラピーも併用しており、リラックスできる治療環境を提供しています」

など最近の歯医者のホームページには「おもてなし」を強調した文言を多く見かけます。確かに医療もサービス業の一つなので、来ていただいた方に対して「おもてなしの心」を持つことは大切だと思います。

しかし、他のサービス業と医療が大きく異なるのは、「お客さんが望んでいるものを提供することが最善ではない」ということ。

患者さんがいくら望んだものでも、それが将来的に自分の歯で自分らしく生きる人生においてデメリットになるのであれば、正しい知識を提供してプロとしての意見をはっきりと伝える必要があると僕は思っています。

「〇〇様、今日はどんな治療をご希望でしょうか?」

「〇〇様がご心配であれば、この手術はやめておきましょう。」

など「おもてなし」を重視するあまり、相手の意見を最重要視する在り方は医療者としては失格です。

なぜならそれはプロの仕事ではないからです。

本当のプロフェッショナルの仕事とは

本当のプロフェッショナルの仕事というのは、患者さんの言いなりになることではありません。

お口の専門家としての知識、経験をもとに目の前の人の10年、20年、30年先を見通して治療案を提案することが、僕らに求められる使命だと思います。

例えば、「虫歯になるのがイヤだから、歯を抜いてインプラントにして下さい。」と患者さんに言われても、それは単に知識がないから、経験がないから出ている言葉かも知れません。

歯の価値、そしてインプラントのデメリットなどをしっかりと伝え、死ぬまで自分の歯で噛むことがどれだけ幸せなことかをお話すべきなのです。

「歯石が気になるから取って下さい。」と初診の患者さんがおっしゃっても、断るべきです。

そもそもなぜ歯石が付くのか、歯石を取るよりも付かない環境を作った上で歯石を取ることが大切だということ、そして歯石が付かない状態を維持できるための知識・テクニックを伝えてあげなければ、10年後、20年後には目の前の患者さんは多くの歯を失ってしまっていることでしょう。

もちろん、インプラントを希望された患者さんに2つ返事で手術日程を決めて、治療を進めていけば収益は上がるでしょう。

歯石を取りたいと言った患者さんに対しても、歯磨きの指導など行わずにさっさと歯石取りを行った方が回転率も上がって医院も潤うでしょう。

「あそこの歯医者はすぐに治療してくれるからいいよ!」と評判になるかも知れません。

しかし、ただただ患者さんの求める治療を提供するだけであれば、別に僕ら歯医者でなくてもいいのです。

「処置をする」という行為だけなら誰でも出来る

僕は歯医者の処置に関しては、プロでなくても誰でも出来るものだと思っています。

実際、知識レベルであれば歯科大学の教科書を全部読めば事足りますし、技術に関しても手先の器用な方であれば簡単にマネ出来ることも少なくありません。

歯科技工士さんや時計職人などの細かい仕事を専門にされる方々の方がよっぽど精度の高い仕事を求められていると思います。

しかし、僕ら歯医者がライセンス(国家資格)を与えられているのは、知識や技術以上に目の前の患者さんのことを本気で考え、その人の人生に寄与する責任があるからです。

「治療が終わればそれでサヨナラ」ではなく、自分が行った治療に関して記録を取りながら経過を追い、生涯を通して責任を持ち、トラブルがあった際には全力で向き合う覚悟がなければ医療者は務まらないのです。

経験年数、立場も関係ない

勤務医か院長かの区別などもないと思います。

「自分が行った治療の責任は全て自分が取る」

その想いで臨床を行うからこそ、常に考えて悩みますし、簡単に治療を進めることは出来ません。

ましてや、患者さんの要望に応えるだけのロボットのような仕事をする気にはならないのです。

「要望に応える」というと耳当たりのいい言葉に聞こえますが、それは責任の放棄でもあります。将来的にトラブルが起こっても「あなたが希望したことだから。」の一言で終わらせられるからです。

プロとして、自分の知識、技術、経験など人生を通じて体験してきた全てを総動員して、目の前の人に向き合っていれば「相手の意見・希望を聞くだけ」というスタンスには決してならないはずです。

無愛想とは自らに責任を背負い込むこと

専門知識を学んだわけではない素人(患者さん)の希望に沿って治療を行い、「あとはどうなるか知りませんよ。」というスタンスをとるのではなく、表面上は無愛想であっても、プロの視点での意見を提供し、プロの判断で治療を行い、プロとしてその後のお口の中に責任を持つことが歯医者のあるべき姿です。

「無愛想な歯医者」の見極め方

プロとしての誇りを持った無愛想な歯医者と患者さんの意見に従うだけの愛想のいい歯医者。

この両者を見極めるポイントは、「あなたの潜在的なニーズを汲み取ってくれるかどうか」ということです。

愛想のいい歯医者はあなたの意見に全力で応えようとします。来院したその日のうちに処置を終えてしまうことも多いでしょう。

しかし、無愛想な歯医者はあなたの表面的なニーズ(歯石を取って欲しい、歯を白くして欲しい、歯がグラつくから固定して欲しいなど)に関してはそこまで真剣に向き合おうとはしません。

あなたが気にしている症状よりも、その症状が生まれてしまった原因にフォーカスしようとします。

「本当は歯医者に行きたくない」

「そもそも病気になりたくない」

この深いニーズを汲み取って、「治療が必要な箇所の応急処置はしますが、先ずはこれから虫歯や歯周病にならないための知識を身に付けていきましょう!」と提案してあげられるかどうかが、無愛想力を測る指標になります。

カラダの病気はなかなか意識的に予防することが難しいかも知れませんが、お口の中の病気に関しては一度正しい知識とテクニックさえ身に付けてしまえば、誰でも治療から解放された人生を送ることが可能です。

さっさと治療を受けて、通院を終わらせた方が楽かも知れません。しかし、歯医者に一度でも行った経験があるということは、何かしら病気の原因がお口の中にあるということです。

原因が解決しないまま、対症療法の治療だけを受けても意味はありません。数年後には必ず同じ状況に後戻りするからです。

歯科治療は虫歯と歯周病の原因を取り除いて初めて、受ける価値があると思っています。この2つの病気のリスクがお口の中にある状態でいくら高額な治療を受けても、時間とお金、労力の無駄です。

あなたが望む治療を聞いた上で、「歯を残すために必要なことは治療じゃなくて、正しい習慣なんですよ。」と伝えられる無愛想な歯医者を是非、探してもらいたいと思います。

無愛想な歯医者を見つける具体的な方法

ここでは少し具体的に無愛想な歯医者を見つける方法について解説したいと思います。

手取り早い判断基準としては、初診の時や積極的な治療に入る前にお口の写真やレントゲンなどの資料をしっかり取るかどうかということ。

資料を揃えることは、治療を進める上で貴重な判断材料になるだけでなく、自分の治療に対する言い訳をなくすことでもあります。

歯磨きによって歯茎の状態がどれだけ変わったかを一緒に確認してもらうためにも、初期の資料がなくていけないのです。

もし、あなたが今までお口の写真を撮られた経験がなければ「面倒なことするな。さっさと治療して欲しいのに。」と思うかも知れません。

しかし、無愛想な歯医者はあなたの10年後、20年後を見越した上で、時間を割いて資料を取っています。

「いちいち写真を撮る」

「こまめにレントゲンで状態を確認しようとする」

これらはその歯医者が無愛想である証です。鬱陶しがられるリスクを負ってまで、あなたの歯のことを誰よりも真剣に考えてくれていると思ってください。

受診しないまでも、初診の予約を取る際に電話で「先生の医院ではお口の中の写真を撮りますか?」と聞いてもらえればある程度判断できるかと思います。

まとめ

今回はあなたのを歯を守る上でとても大切な歯医者の選び方についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか?

患者さんは「病を抱えた人」なので、ついつい優しく、丁寧に、希望に沿うように治療を進めようと思ってしまうのが医療者の性(さが)ではあります。

しかし、もう一歩先の視点を持てば、患者さん自身が気付いていないような本当の希望(自分の歯で一生過ごす)のために、一見無愛想な態度をとってでもプロとして正しい方向へ導いてあげるのが本当の医療だと僕は思います。

「あの先生は歯磨きの指導ばかりで全然治療を進めてくれない。」

「あの先生は自分の希望をあまり聞いてくれない。」

などと決めつける前に、一度立ち止まって「なぜこの先生はこういう方針で治療をしているんだろう?」と考えてみて下さい。

きっと無愛想の裏に隠れた本当の思いやりに気づけるはずです。

この記事をきっかけにあなたが本当に信頼出来る歯医者に出会えることを願っています!

では今回は以上です。


他の記事をチェックする場合はこちら

デンタルハッカーのライター、前岡遼馬が院長を務める歯科医院はこちら

スポンサーリンク




Dentalhackerの著者が実践する、
"本物のお口のケア"を
すべて無料で公開します

あなたが"無駄な治療"から解放されるために必要な知識、テクニックをすべて詰め込みました。

歯医者の裏側を綴った特別レポート、"本当の歯磨き"について解説した動画コンテンツまで、盛り沢山の内容です。

もうこれで、「虫歯ができた・・・」なんて言わせません!

一度きりの人生、自分の歯で、自分らしく人生を楽しみましょう!

そのためのヒントは全てこの限定講座の中にあります↓↓↓

メールアドレス ※必須


氏名 ※必須

※入力は必須です

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県一宮市にある前岡歯科医院の院長で、『Dentalhacker』のライター。歯周病治療をベースに、「1本の歯を残す」ことにこだわった診療を行っている。『歯の本当の価値を伝いたい』という想いのもと、"歯ブラシから始まる予防歯科"の大切さを広めている。 たまにやる筋トレとバス釣りが趣味。根は真面目な性格だが、人を笑わすのが好きなので、よくウケ狙いに走る。診療中、患者さんに「最近肥えやーた?(名古屋弁で"太った?"の意)」と言われると、ヒドくテンションが下がるナイーブなハートの持ち主でもある。