抜歯の危機?歯が割れる原因と治療法をパターン別に徹底解説!

スポンサーリンク




前岡遼馬
このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。

「普通に食事をしていたら急に歯が痛くなってきた」

「これまで問題なかったのに被せ物がいきなり外れてきた」

「食事の時に自分の歯が欠けた気がした」

そんな症状があった場合、あなたの歯は割れているかも知れません。

意外かも知れませんが、歯を失う原因の中で虫歯、歯周病に次いで多いのが歯が割れる「破折(はせつ)」です。

一度歯が割れてしまうと治療が長引くだけでなく、割れた歯の寿命は一気に短くなってしまいます。場合によっては、その場で抜歯となってしまうこともあります。

しかし、そんな恐ろしい「歯の破折」ですが、正しい知識を持てば未然に防ぐことも可能です。

「病気(虫歯や歯周病)にならないように普段からお口を管理していたのに、歯が割れて抜歯になった・・・」ではあまりにもったいないので、今回の記事で破折の原因と治療法、予防の仕方について正しい知識を身につけてもらえればと思います。

では早速いきましょう!

破折ってどんな状態になること?

先ずは歯が割れるイメージを持って頂くために、破折を起こしてしまった歯の写真をお見せしたいと思います。

↑↑↑この歯は根っこにヒビが入ってしまっています。ブリッジの土台になっていた歯ですが、残念ながら抜歯になってしまいました。

↑↑↑この写真の歯はこれまで一切歯科治療を受けたことがない歯でしたが、噛む力によって真っ二つに割れてしまっています。

↑↑↑こちらの歯は舌側の頭の一部が大きく欠けてしまっています。この歯もこれまで歯科治療を受けたことのない歯でした。

上記のように破折(歯が割れる)というのは、歯に対して大きなダメージを与え、予後に大きく影響するということです。

破折を疑う具体的な症状とは?

ここでは破折が起こった際に出やすい症状についてお話したいと思います。

思い当たるものがあれば、早めに歯医者を受診することが大切です。

症状その1:歯がしみる

歯にヒビが入った箇所から水や風が歯の内部に侵入してしみることがあります。

軽いヒビであれば常にしみるということはありませんが、亀裂が大きくなってくると虫歯に似た痛みになってくることもあります。

症状その2:歯が痛い

神経が生きている歯が割れてしまった場合、虫歯に似た痛みを感じることがあります。

また、既に歯の神経が抜かれている場合は、噛む度に痛みが出ることが多いです。

症状その3:歯茎の違和感

歯のヒビがそれほど大きくない場合、痛みと言わないまでも違和感が出ることがあります。「触っても腫れている訳でもないのに、何かおかしい感じがする」といった感覚です。

症状その4:歯茎の腫れ

歯の根っこが割れると感染を起こし、根の周りの骨・歯茎に炎症が広がっていきます。

その結果、歯茎に直径5mmほどのオデキができたり、歯の周りが全体的に腫れたりします。

症状その5:歯がグラつく

歯が割れてしまうと被せ物が浮いてきたり、歯自体がバラバラになることでグラつきが出てきます。

それまで何ともなかった歯が、急に噛む度に揺れる感じがしてきた場合は破折を疑った方がいいかも知れません。

知らないでは済まされない、破折の原因

ではここからは破折の原因となる要素についてお話していきたいと思います。予防するためには、先ず原因を知ることが大切なので、正しい知識を身につけるために一緒に確認していきましょう。

原因その1:歯科治療を何度も受けている

意外かも知れませんが、歯医者の治療を何度も受けていることは破折の大きな要因になります。

歯は治療を受ける度に削られ、薬品で消毒され、薄く、脆(もろ)くなっていきます。1本の歯は5回も治療を受ければ、歯の大部分を失い、抜歯の対象になることがほとんどです。

特に保険治療のように短時間の処置で精度の低いものになりがちなものであれば、歯の寿命は大きくすり減ります。

歯が薄くなればなるほど、破折のリスクは高まります。

歯医者の治療によって歯が悪くなることは往々にしてあるので、注意が必要です。

原因その2:噛む力のコントロールができていない

破折を引き起こす直接的な原因として、噛む力がコントロールできていないことが挙げられます。

僕たちは普段、食事の際の噛む力や仕事中の食いしばり、夜間の歯ぎしりを意識することはほとんどありません。

しかし、この歯と歯が触れ合う力が過度にかかってしまうことで破折の大きな原因になります。

  • 咀嚼力(そしゃくりょく):食事の時の噛む力
  • 日中の歯の接触:日中の歯ぎしりや食いしばり、噛み合わせの癖
  • 夜間の歯ぎしり:寝ている間の歯ぎしりや食いしばり

この3つを意識的にコントロールする必要があります。

原因その3:外傷

交通事故やスポーツなどで歯を打ち付けた場合にも歯が割れる可能性があります。

「予期せぬアクシデント」に近いので防ぎようがない部分もありますが、原因として押さえておきたいところです。

原因その4:歯の治療を途中で放置している

神経の治療の途中で仕事や家庭のやむを得ない事情から長期間放置してしまっている歯がある場合には、破折のリスクが高くなってしまいます。

基本的に神経の治療をしている歯は向かいの歯と噛み合わないように頭を削っているものですが、食べ物が介在すると強い力がかかることもあります。

中が空洞になっている状態の歯なので、力を受けると内側から割れてしまう可能性があります。できる限り早い段階で神経の治療を終わらせて仮歯を入れたいところです。

原因その5:歯の土台の芯棒が太くて長い

神経の治療を終えた歯は、土台を立ててから被せ物を入れます。

その際、土台となる「コア」と呼ばれる部分の金属が太くで長い場合、破折を起こすリスクが高くなります。

イラストにすると上記のようなイメージです。(グレーの部分は全て金属)

原因その6:芯棒の周りが虫歯になっている

原因その5にあるような土台の芯棒部分が歯にピタッと合っておらず、最終的な被せ物も作りが甘い場合、隙間から細菌が入って虫歯になってしまうことがあります。

進行した虫歯は、歯を内側からボロボロにします。木が内側から腐っていくようなイメージです。

内部が虫歯で柔らかくなると金属の芯棒が噛む度に内部で動くことになるので、破折のリスクが高くなってしまいます。

破折した歯はどう治療する?歯を残すための処置を実際のケースでチェック!

では破折の症状と原因を押さえたところで、ここからは歯を残すための具体的な処置内容を説明したいと思います。

ここでご紹介する内容はどの歯医者でもやってもらえるわけではないので、事前に確認しておいた方が無難です。

処置その1:神経の治療

まだ神経がある歯が割れてしまった場合、先ず行うのが神経の治療です。虫歯が深くまで進行してしまった際に行う治療と基本的には同じです。

歯の中に細い針のような器具を入れて、内部をキレイにしていきます。

実際のケースを見ながら、治療の効果を見てみましょう。

上記の歯は一度も歯科治療を受けたことがない歯でしたが、強い力を受けて真っ二つに割れてしまいました。

↑↑↑レントゲン上でも、破折の影響で歯の根っこ周囲の骨が溶けているように見えます。

本来であれば抜歯でもおかしくない状況でしたが、ご本人が「なんとか残したい!」とおっしゃったので、僕なりにベストを尽くすことにしました。

↑↑↑割れてしまった歯を分割して神経の治療を行います。

↑↑↑器具が根のどの辺りまで到達しているかをレントゲン上でも確認します。

↑↑↑神経の治療を終えて土台を立て、最終的な削り出しを行なった写真です。

↑↑↑無事に被せ物が入りました。(噛む面の赤や黒の点は噛み合わせの確認の際についた印です)

↑↑↑レントゲン上でも溶けてしまった骨が戻ってきている様子が確認できます。

現在は治療終了から3年ほど経過していますが、問題なく使えているそうです。このように単純な神経の治療だけで破折した歯を残せる場合もあります。

処置その2:歯を歯茎から引っ張り出す(エクストルージョン)

次にご紹介するのは、破折した箇所が歯茎の中だった場合に歯を歯茎の中から上に引っ張り出す処置です。

歯茎の中で歯が割れている状態で治療を続けても、出血などによって処置がしづらいのもありますし、最終的な被せ物が歯茎にめり込む形になるので、長期的な維持が難しくなります。

そこで、歯茎の中から意図的に歯を引っ張り出してあげて、破折した箇所を確実に処置する必要があります。

↑↑↑このケースの場合、破折した箇所が歯茎の奥深くの位置です。このままでは処置が困難なので引っ張り上げる(エクストルージョン)処置を行います。

↑↑↑写真の角度が変わっていますが、このようなゴムの糸を使って歯を引っ張り上げます。

条件にもよりますが、この処置を行うことで通常の被せ物などの治療へ移っていくことが可能です。

処置その3:歯茎を下に下げる処置(クラウンレングスニング)

処置その2は歯を歯茎から引っ張り上げていましたが、この処置は歯茎を下に下げる処置です。

破折した箇所が歯茎の中だった場合に行うことがあります。

↑↑↑この写真の左2歯の歯茎を下に下げます。

↑↑↑このように歯茎を下に下げて糸で固定しています。破折した箇所を歯茎よりも上に出すことが目的です。

補足
上記の2本の歯は破折しているわけではありませんが、クラウンレングスニングの分かりやすい例だったので取り上げました

処置その4:歯の内部からの接着処置

歯にヒビが入った箇所を歯の内部から接着して修復する方法もあります。

この処置に関しては分かりやすい写真がなかったので実際のケースはお見せできませんが、「歯の内側からヒビに沿って接着剤を流して固める」というイメージです。

(出典:デンツプライ)

使用するのはMTA(上記写真)やスーパーボンドと呼ばれる材料です。先生によって使用するものは異なります。

この方法はヒビが入ってしまった箇所を修復しているだけなので、破折を引き起こした原因が改善しなければ、治療後に再び破折が起こる可能性があります。

処置その5:意図的再植

次の方法は破折した歯を一度意図的に抜歯して、お口の外でヒビを修復してから再びお口に戻すというものです。

基本的には処置その4と使用する材料などは変わらないのですが、歯を一旦お口の外に出すことでより確実に処置を行えます。

↑↑↑丸で囲んだ歯を一旦抜歯します。

↑↑↑抜歯した箇所の写真です。

↑↑↑お口の外に取り出した歯がこれです。ヒビが入った箇所を修復します。

↑↑↑元の位置に歯を戻して隣の歯と固定します。

この治療法も基本的には一度割れてしまった歯に対して行う処置なので、「破折した原因」の部分が取り除かなければ、すぐに再び破折してしまいます。

また一度歯を抜歯すると元どおりにくっ付かないリスクもあるので、担当される先生とよく検討すべき処置かと思います。

処置その6:分割抜歯(ルートリセクション)

分割抜歯というのは、歯の根っこの一部を切り落として抜歯するという治療法です。

お口の真ん中の前歯から数えて6〜7番目の大臼歯と呼ばれる奥歯は、歯の根っこが複数に分かれています。

上の大臼歯であれば三股、下の大臼歯であれば二股に分かれていることが多いのですが、そのうちの一部の根っこにヒビが入っている場合もあります。

歯を丸々抜歯しないまでも、完全に割れてしまっている根っこがある場合には、その根っこだけ部分的に抜歯することがあります。

残った歯は土台を立てて被せ物を入れて残すことができます。

処置その7:抜歯

最後の一手となる治療が「抜歯」です。文字通り破折してしまった歯を抜いてしまうので、その歯の寿命はそこで終わりになります。

ただ、抜歯も意味なく行うものではありません。

破折した歯を「まだ噛めるから」と積極的な治療をせずに残しておくと、割れ目に沿って細菌が侵入して炎症を起こします。この反応によって歯を支える周囲の骨が時間をかけて溶けていってしまうんです。

すると、最終的に歯が使えなくなって抜歯をした際にその後の治療に支障が出てしまいます。

  • 入れ歯を支える骨がない
  • 骨が溶けて凹んだ箇所が見た目に影響する
  • インプラント治療をする際に骨を作る処置にお金と時間がかかる

などの影響です。これらを避けるために早期に抜歯を行う場面もあります。

最終的に破折した歯を抜歯するかどうかの判断は、患者さんの想い、年齢、歯の状態、その後の治療の選択肢、周囲の歯への影響を総合的に判断して行うので、一概に「破折=抜歯」というわけではありません。

これも担当する先生とよく相談した上で決めるべきだと思います。

僕は常々、「1本でも多くの歯を残すことが歯科医師の使命」だと考えていますが、状況によっては積極的に抜歯をしなければいけない場面もあります。

全ての治療はケースバイケースです。「抜歯=悪」になることもあれば、「抜歯=最良」になることもあります。治療を受けるあなたも、歯医者の説明を聞きながら柔軟に考えてもらえればと思います。

誰でも出来る、破折の予防策とは

ここからは破折を予防するための具体的な方法についてお話したいと思います。

この記事を読まれているあなたは既に破折を起こしてしまった歯があるかも知れません。しかし、破折を起こした歯が1本でもあるということは、他の歯も同じように破折を起こすリスクがあるということです。

この章の内容をしっかり理解して実践して頂くことで歯を残すことに繋がるので、是非チェックしてみて下さい。

最も効果の高い予防法

破折を予防する上で最も効果が高いのは、「そもそも歯の治療を受けないこと」です。

破折の原因を見て頂いてもわかるかと思いますが、治療を受ければ受けるほど歯はダメージを受け、薄く、脆(もろ)くなっていきます。

そもそも虫歯にならなければ、歯を削られることも、神経を抜かれるありません。歯医者の手を加えられていない歯が、見た目の面でも美しく、強度も高いのです。

「治療を受けなくて済むように普段から自分のお口を正しく管理する」

これが歯を破折から守る上で最も大切な考え方です。

より具体的な内容に関しては、
歯磨きで虫歯は予防できない!プロが実践する虫歯予防をすべて公開!
を参考にしてみて下さい。

噛む力による破折を防ぐ方法

歯自体の原因以外に破折の主な原因になるのは、あなた自身の「噛む力」です。

噛む力で歯が割れるイメージは湧かないと思いますが、僕たちは知らず知らずのうちに必要以上に強い力で噛んだり、食いしばったり、歯ぎしりをしたりと歯に負担をかけています。

この力を意識的にコントロールすることで歯が割れるリスクを大幅に軽減することができます。

具体的にあなたが実践すべきなのは、

  • 食いしばりの力のコントロール
  • 食事の時の噛む力のコントロール
  • 夜間の歯ぎしりのコントロール

この3つです。

これからそれぞれの詳しいノウハウをお伝えしたいと思います。

食いしばりの力をコントロールする

先ずは日中の食いしばり癖をコントロールする方法です。

重いものを持ち上げたり、ストレスを感じた際に食いしばってしまう方は多いのですが、この力が歯にとっては大きな負担になります。

そこで、無意識の癖を意識的にコントロールする必要があるんです。

具体的にあなたがすべきなのは、「舌を上顎の天井に付けておく」ということ。

舌の力を抜いて上顎に軽く付けると自然に上下の歯と歯が離れるのが分かるかと思います(食いしばりを防げる)。この状態を日中、意識的に維持するだけです。

はじめのうちは、定期的に舌の位置を気にしなければいけませんが、慣れてくれば無意識でも行えるようになります。

そして、この習慣を続けることで歯を守ることの他に得られる、大きなメリットもあります。

  • 集中力が上がる
  • 肩こりが減る
  • より重いものが持ち上げられる
  • ストレスが溜まりづらくなる

などです。

日常的に食いしばっていると、「噛むこと」に力が使われてしまいます。すると集中力が妨げられ、噛む筋肉が緊張することで肩こりも起こりやすくなってしまいます。

また重いものを持ち上げるなどの肉体労働でも、食いしばらない方が他の筋肉に力が入り、効率的に作業を進めることができます。

試しにYouTubeで「workout」や「bodybuilding」などと調べてみて下さい。重いものを持ち上げるプロであるボディビルダー達の動画がたくさん出てくると思いますが、ほとんどの方がトレーニング中に食いしばっていないのです。

一見食いしばった方が力が入りそうなのですが、噛むことでお口の筋肉に力が入り、本来力を発揮させたい腕や足の筋肉を十分に使えないのです。

また、歯を歯を普段から離しておくとストレスも溜まりにくくなります。食いしばることはイライラを助長させてしまう性質があるようなので、ストレスフリーな毎日を送るためにも歯と歯は離しておきたいところです。

いきなり「歯を歯を離して生活した方がいい」と言われても、なかなか続けることは出来ないと思うので、上記のような「食いしばりを避けることで得られるメリット」を意識して実践することがオススメです。

食事の時の噛む力をコントロールする

「子供の頃から硬いものをよく食べていた」

「普段から食べるのが早いと言われる」

「あまり噛まないで飲み込んでしまう」

これらの中で思い当たるものがあるあなたは、食事の時の噛む力が必要以上に強い可能性があります。

なぜならこれらの特徴があると習慣的に早く、強く噛むことで食べ物を細かくしようとする傾向があるからです。

「食事の噛む力でホントに歯が割れるの?」

と半信半疑な部分もあるかと思いますが、実際に力をコントロールすることで歯への負担は激減し、破折の予防に大きく貢献してくれます。

では、具体的にどのようにコントロールするのかをお伝えします。それは、

「食事の時に、1口につき30回噛む」

たったコレだけです。

30回という回数を意識すると、その回数噛むまで食べ物をお口の中に残しておかなければいけません。その結果、1回1回の噛む力が自然に弱くなるのです。

よく噛むことで満腹中枢が刺激されて、食べる量も抑えられるのでダイエット効果も期待できますし、消化にとっても細かくなった食べ物を飲み込むことはとても有意義です。

是非、今日から食事の時に意識してみて下さい。

夜間の歯ぎしりのコントロール

夜寝ている間の歯ぎしりは、脳のリミッターが外れているために起きている時の何十倍もの力が歯にかかります。

歯ぎしりと言っても、「食いしばるタイプ」もあれば、「左右にギリギリするタイプ」もあります。「家族から歯ぎしりしてるなんて言われたことがない」という場合も、強い力で食いしばっている場合もありますので、注意するに越したことはありません。

具体的にどうコントロールするのかと言えば、

「寝る直前に”歯と歯を離して寝る”と30回口に出して唱える」

です。これは自己暗示療法と呼ばれるもので、潜在意識に自分がイメージする行動を刷り込む方法です。

例えば、次の日に絶対に寝坊できない時、寝る前に「朝絶対に起きる」と強く念じて寝るかと思いますが、あれも自己暗示の一種です。

寝てしまうと顕在意識がなくなり、潜在意識が優位になりますが、その時に寝る前に刷り込んだイメージが効果を発揮するのです。

一度口に出してから耳で聞くことでより強い刷り込みが可能になります。ポイントは「必ず歯ぎしりをコントロールする!」という強い想いを持って実践すること。

「本当にそんなことで歯ぎしり無くなるのかな?」という考えで行っても、思ったような効果は得られません。

お金もかけずに実践できるものだからこそ、あなたの本気度が大切です。正しく実践できれば歯ぎしりは激減するはずです。

ナイトガードと呼ばれる硬いプレート状のマウスピースを夜間に装着する方法もありますが、これは歯ぎしりに対しての対症療法なので、根本的に歯ぎしりをなくしているわけではありません。プレートを介して力がかかれば、歯が割れるリスクもあるので、自己暗示療法が第一選択ですね。

外傷による破折を防ぐ方法

外傷(歯をぶつける)によって歯が横に割れてしまうケースもあります。

歯の一部が欠ける程度であれば、即日で治療が可能ですが、歯の根っこや内部にまで達するヒビは致命傷になってしまう可能性もありますので、外傷もできる限り予防しなければいけません。

交通事故などの予期せぬ外傷を防ぐのは難しいのですが、コンタクトスポーツなどの際にはマウスピースを装着することである程度防止することは可能です。

ラグビーやアイスホッケーなどのコンタクトスポーツでは装着するのが当たり前になっているマウスピースですが、サッカーや野球などのスポーツでも接触プレーはよく起こりますので、かかりつけの歯医者で予め作っておくのがオススメです。

市販で売られているお湯で温めて歯に合わせるタイプのものは、精度が低く、噛み合わせに悪影響を与える可能性もあるので注意して下さい。

歯の土台の素材による破折を防ぐ方法

虫歯の治療を行う際、虫歯の範囲が大きいと神経の治療を行った後に土台を立てるのですが、この素材のチョイスによって破折しやすくなってしまうことがあります。

保険治療の場合、メタルコアと呼ばれる金属の土台を選択することが多いのですが、この土台が金属の塊だと噛む度に歯の根っこに食い込む楔(くさび)のような役割を果たして破折の原因になってしまいます。

チタンの支柱とレジンと呼ばれる強化プラスチックを使用した土台ファイバーポスト(ガラス繊維の支柱)を使った土台を選択することで破折のリスクを軽減することができます。

土台が金属以外になると自費治療になることがあるので、費用の面も含めて担当される先生に相談してみて下さい。

ただし、土台の選択よりも力のコントロールをどこまで実践できるかの方が破折予防に関しては影響が大きいと思います。

ブリッジによる破折を防ぐ方法

ブリッジ治療というのは文字通り失ってしまった歯の両隣の歯を削り、橋(ブリッジ)をかけるように被せ物を入れることです。

噛む際に本来1本1本の歯がが負担する以上の力がブリッジを支える歯にはかかるので、破折のリスクが高まります。

費用はかかりますが、歯を失った際にブリッジではなく、インプラントを用いて単独で処置することで破折を予防することができます。

まとめ

今回は歯が割れる破折の原因と症状、治療法から予防法までかなりのボリュームでお届けしました。

虫歯や歯周病と違い、破折には一瞬で歯の寿命を大きく削るリスクがあります。一度で全ての内容を理解して実践することは難しいと思うので、何度かに分けて少しずつ破折予防の習慣を取り入れてみて下さい。

そして、僕ら歯医者の治療を受けずに済むために、日頃からお口の正しいケアを実践することも忘れてはいけません。

虫歯や歯周病にならなければ、歯を失うリスクはほとんどなくなります。治療にかかる費用、通院にかかる時間も労力も、あらゆる面でメリットしかないので、是非、他の記事で正しい知識も身につけてもらえればと思います。

では、今回は以上です。


他の記事をチェックする場合はこちら

デンタルハッカーのライター、前岡遼馬が院長を務める歯科医院はこちら

スポンサーリンク




Dentalhackerの著者が実践する、
"本物のお口のケア"を
すべて無料で公開します

あなたが"無駄な治療"から解放されるために必要な知識、テクニックをすべて詰め込みました。

歯医者の裏側を綴った特別レポート、"本当の歯磨き"について解説した動画コンテンツまで、盛り沢山の内容です。

もうこれで、「虫歯ができた・・・」なんて言わせません!

一度きりの人生、自分の歯で、自分らしく人生を楽しみましょう!

そのためのヒントは全てこの限定講座の中にあります↓↓↓

メールアドレス ※必須


氏名 ※必須

※入力は必須です

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県一宮市にある前岡歯科医院の院長で、『Dentalhacker』のライター。歯周病治療をベースに、「1本の歯を残す」ことにこだわった診療を行っている。『歯の本当の価値を伝いたい』という想いのもと、"歯ブラシから始まる予防歯科"の大切さを広めている。 たまにやる筋トレとバス釣りが趣味。根は真面目な性格だが、人を笑わすのが好きなので、よくウケ狙いに走る。診療中、患者さんに「最近肥えやーた?(名古屋弁で"太った?"の意)」と言われると、ヒドくテンションが下がるナイーブなハートの持ち主でもある。