歯科業界の裏側を暴露!「歯医者は歯を治せない」という真実

スポンサーリンク

前岡遼馬
このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。

あなたは今まで、

「歯医者で検診してもらう度に虫歯が見つかる」

「定期的に歯医者に通っているのに、少しずつ歯を失っている」

「歯石を取ってもらっていたのに、歯科医院を変えたら”歯周病になっている”と言われた」

「数年に1回は歯を削って詰めるなどの歯科治療を受けている」

などの経験はありませんか?

実はこれ、僕が出会った患者さんの多くがおっしゃっていた内容です。

なぜ、”健康”を手に入れるために通っていたはずの歯医者で、何度も”治療”を受けたり、病気が進行する結果になってしまうのか?

今回はその根本的な理由と解決策について詳しくお話したいと思います。「歯科業界の裏側」に触れる話になるので、かなりショッキングな内容になるはずです。

場合によっては記事を削除することも考えられるので、公開されているうちに読んでおいて下さい。内容は過激でも、間違いなくあなたの大切な歯を守るために価値ある情報になるはずです。

では前置きはこの辺にして、早速いきましょう!

「歯医者は歯を治せない」という真実

いきなり本題に入っていきたいと思います。

実は、僕ら歯医者はあなたの歯を治すことが出来ません。

ここで言う「治す」とは、”元通りの健康な状態の歯に戻す”ことを指していますが、僕らがいくら努力しても、最新の技術を使っても、最高の機材を導入しても、あなたの歯を元通りに治すことは絶対に出来ないのです。

なぜなら、歯には自己再生能力がないからです。

虫歯になり、歯医者で削られてしまった歯は、穴ぼこが残ったままになります。この穴ぼこが残ったままでは細菌の恰好(かっこう)の住みかになってしまうので、プラスチックや金属といった材料でその穴を埋めているわけです。

一般的にはこれが、歯科治療だと思われています。

患者さんからすれば、元通り噛める状態になりますし、見た目の上でも健康な歯を取り戻したように見えます。

「歯のトラブルが起これば、歯医者が何とかしてくれる」

そう思ってしまう背景がここにはあると思います。

でも、よくよく考えてもらいたいんです。一見治ったように見える歯は、人工物(歯科材料)がはめ込まれた状態のニセモノの歯です。

歯とそこに詰めた(被せた)材料の間には必ずわずかな隙間が出来ます。当然、何の治療も受けていない健康な歯に比べて、再びトラブルが起こる可能性が高くなるわけです。

どれだけ高級なバッグや車であっても、一生使い続けるためにはしっかりとしたケアが必要不可欠です。

ましてや24時間365日使い続ける歯に関しては、普段のケアの重要性は言わずもがなでしょう。つまり、歯医者を頼っていても本当の意味での「お口の健康」は手に入らないということをしっかりと理解しておかなければいけません。

一生自分の歯で過ごすためには、「あなた自身が自分の歯を守るためにすべきこと」に意識を向ける必要があります。

歯医者の治療があなたの歯をダメにしている

次にお話したいのは、歯医者の治療を受ければ受けるほど、あなたの歯の寿命は短くなってしまうということです。

「治療」と聞くと、”病気になった歯を健康な状態に回復させる行為”という印象を持ちますが、実際にはそうではないケースがほとんどです。

新患の患者さんを診る中で、「この治療なら受けない方が歯の寿命は伸びたのに・・・」と思ってしまう場面が多いんです。

ではなぜ、そんな事態になってしまうのか?

その背景にあるのは、「歯医者は治療行為をしてなんぼ」というシステムです。残念ながら、現在の日本の歯科医療においては「”治療行為”をしなければ歯医者はお金を稼げない」という環境があります。

特に保険治療では、治療のクオリティは問われません。質を落として短い時間で治療をしても、丁寧に時間をかけて治療を行っても、歯医者がもらえる報酬は変わらないんです。

つまり、質を落として患者さんの数を回した方が医院として儲かる仕組みになっているわけです。

もちろん、丁寧に精度の高い治療を提供すれば歯の寿命は伸びるのですが、逆に生涯1本の歯が受ける治療の回数が減ることになります。それはつまり、僕らの収入を減らす結果に繋がることになるんです。

医療と聞くと「医者は自分の利益を度外視して患者さんのために尽くす」というイメージを抱きがちですが、そうではありません。

“医療行為を提供して対価をもらう”というビジネスであって、ボランティアではないんです。

そのため、赤字を出しながらでも丁寧に治療をしたり、患者さんが自分の手で自分の歯を守るための知識・ノウハウを提供することに積極的になれない歯医者が増えてしまうのは、至極当然な流れなのです。

医療における道徳で僕らの仕事を考えるなら、「いかに治療をせずに済む歯を増やせるか」という点に全力を注ぐべきです。

しかし、歯科医療におけるシステムが大きく変わらない限り、それを実践できる歯医者は数えるほどしかいないという事実を知っておかなければいけません。

誰も教えてくれない、歯を失う負のスパイラルとは!?

ここでは具体的にどのような流れで人が歯を失っていくのか、についてお話したいと思います。

多くの人は、

  1. 歯が痛い、歯茎が腫れた
  2. 歯医者に行く
  3. 治療を受けて治ったような気になる
  4. 普段の生活に戻る
  5. しばらくして1.に逆戻り

のような流れで一生を過ごしてしまいます。

この生活を続けていても運が良ければ歯を失わずに済みますが、多くの場合、年齢と共に歯を失ってしまうんです。そのため、僕はこの流れを「歯を失う負のスパイラル」と呼んでいます。

1〜5のステップを見れば分かりますが、「なぜそもそもお口の病気が起こったのか?」に注目する機会がないことに気づくはずです。

実際、「年(とし)をとれば歯のトラブルが起こるのはしょうがないよね。」と思われている方も多いのですが、そんなことはありません。お口の中の病気は押さえるべきポイントさえ知れば、誰でも効果的に予防することができるのです。

  • 年齢と共に歯茎は下がる
  • 遺伝的に虫歯になるかどうかは決まっている

そんな誤った知識が世間に溢れているために、「歯医者で治療を受けるのはしょうがないこと」と考えてしまう気持ちはとてもよくわかります。しかし、本当はそうではありません。

「なぜお口の中の病気が起こるのか?」という簡単な原理さえ知れば、”歯医者の治療を受けない生活”を手に入れることは可能なんです。

現に僕ら歯医者は自分で自分の歯を治療することは出来ません。他の先生に治療をしてもらうにしても、その質や内容を自分でチェックすることも出来ません。

だからこそ、自分の歯を守るためにプロとしての知識を使って、自らの手で歯科治療を受けずに済むお口の環境を作っているわけです。

その知識をあなたも手に入れることが出来れば、「定期的に歯医者の治療を受ける人生」を終わらせることは簡単ですし、必ず歯は残ります。

「歯医者依存型患者」にならないためにも、是非、お口の病気にならないための知識を手に入れてもらえればと思います。

歯を失わないための知識はたったこれだけ!

ではここからは歯を失わないために必要な知識をお話したいと思います。先ずは歯を失う原因には何があるのかを知るところからスタートです。

実は、歯を失う主な原因は4つしかありません。

具体的に挙げると、

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 力の関与
  • 医原性疾患

この4つだけで全体の9割以上を占めます。虫歯と歯周病に関しては分かりやすいと思いますが、「力の関与」と「医原性疾患」に関しては馴染みがないと思うので簡単に説明しておきます。

「力の関与」とは、歯ぎしりや食いしばり、噛み癖などに代表されるような歯と歯が強い力で触れる習慣によって歯が壊れていくことを言います。

普段から早食いで1回1回の噛む力がとても強い方は、歯が欠けてしまったり、根っこから割れてしまうこともあります。強い力で歯ぎしりをされている方も同様です。

「力の関与」が大きいと、虫歯や歯周病になっていない歯であっても自らの噛む力で失ってしまうことがあるんです。

次に医原性疾患に関してですが、これは歯科治療を受けたがために虫歯のリスクを高めてしまったり、歯の根っこが膿んでしまったり、不適切な噛み合わせによって顎がズレてしまうことなどを言います。

つまり、「歯科治療によって歯の状態が悪くなる」ということです。

もちろん、正しい知識と経験を持った先生が治療に臨めばこのようなことは起こりませんが、全ての歯科医師が同じ知識と技術を持っているわけではありません。

さらに言えば「歯科医師免許」というものは、一度取ってしまうと”免許の更新”のような定期的な適正チェックはありません。

卒業して国家試験さえ通ってしまえば、新たな知識や技術を勉強しなくても”歯科医師”という職業を一生続けられてしまうわけです。卒業当時の知識が現在では否定されている治療内容であったとしても、です。

これも医原性疾患を生んでいる大きな理由と言えるでしょう。

では歯を失う原因を知った上で、ここからは具体的な歯を守るための知識についてお話していきます。

「虫歯」で歯を失わないための知識

歯に黒い凹みがある、歯が心臓の鼓動に合わせてズキズキ痛んで夜も眠れない、歯の根っこが膿んで歯茎におできができた、などお口のトラブルは多いのですが、これらは全て虫歯が原因で起こる症状です。

進行度合いの違いによって痛みの強さやお口の中に現れる変化が違うだけで、始まりは小さな虫歯からです。

虫歯で歯を失わないためにやるべきことは、とてもシンプルです。それは、シュガーコントロール。「お口の中に入る砂糖の量と回数をどのようにコントロールするか」で虫歯のリスクは大きく変わります。

具体的な内容は、

歯磨きで虫歯は予防できない!プロが実践する虫歯予防をすべて公開!

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

「歯周病」で歯を失わないための知識

歯の表面に付いたプラークという細菌の塊が原因で、歯を支える骨が溶けてしまう病気が歯周病です。

最も歯を失うリスクが高い病気なので、何が何でも歯周病にだけはならないようにしなければいけません。

怖い病気ではありますが、予防するためにあなたが取り組むべきことはとてもシンプルです。それは、プラークコントロール(正しい歯磨き)。

歯磨きの仕方さえ変われば、歯周病のリスクは劇的に下がります。

テレビCMなどでは、歯周病予防の歯磨き粉やマウスウォッシュを盛んに宣伝していますが、これらの商品を使っても歯周病への効果はそれほど期待できません。

歯周病に対しての正しい知識を持てば、「なぜ市販のグッズでは歯周病を予防できないのか?」がよくわかると思います。

詳しい内容は、

【完全保存版】自宅で出来る、本当に正しい歯周病の予防法

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

「力の関与」で歯を失わないための知識

力の関与で歯を失わないために必要なのは、「噛む力や歯ぎしりをコントロールすること」です。

一見難しそうに思えますが、普段から意識して実践することができれば必ず成果は出ます。

詳しい内容は、

抜歯の危機?歯が割れる原因と治療法をパターン別に徹底解説!

こちらの記事が参考になると思います。

「医原性疾患」で歯を失わないための知識

歯医者の治療によって歯を失わないためには、病気にならないように普段から自分のお口を管理する以外に方法はありません。

上記挙げた、3つの歯を失う原因を知って、正しい対策をしてもらうのが最も効果的です。

ただ、「時間と共に普段のケアの質が落ちてしまい、病気になってしまった」という場合もあると思うので、治療が必要になった際の歯医者選びに関しても参考になる記事を挙げたいと思います。

一生自分の歯で噛みたいなら、無愛想な歯医者を選べ!

絶対に迷わない、本当にいい歯医者の選び方。

この2つの記事がオススメです。是非チェックしてみて下さい。

あなたのことを本気で考えてくれる歯医者なら、ただただ治療を進めるだけではなく、お口の中で発生したトラブルの原因について一緒に考え、自分の歯を守るための知識、テクニックをアドバイスしてくれるはずです。

まとめ

今回は「歯科業界の裏側」と称して、ほとんどの歯医者が公にすることがない真実についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

“歯医者が歯を治せない”、”歯医者の治療があなたの歯をダメにしている”という話はかなり衝撃的な内容だったかと思います。

これまでのデンタルハッカーの記事とは少しテイストが違う仕上がりになりましたが、あなたにお伝えしたい核になるメッセージは少しも変わりません。

それは、

「自分の歯は自分で守るしかない!」

ということ。

あなたの唯一無二の歯を守ることが出来るのは、普段からケアをするあなた自身です。「病気になったら歯医者が何とかしてくれる」という歯医者依存型の患者になっていては、少しずつ歯を失うことになってしまいます。

正しい知識を身につけ、それを日々の習慣に落とし込むことが出来て初めて、”一生自分の歯で、自分らしく生きる”ことが可能になります。

「あなたの歯は当院が守ります!」などといった耳障りのいい言葉に踊らされて、大切な歯を失うことだけは避けてもらいたいと思います。

歯を守るために必要な知識は全て、このデンタルハッカーにまとめてあります。是非、この記事や今回ご紹介した関連記事を読み返してみて下さい。

きっとあなたの力になれるはずです。一緒に歯医者の治療から解放された人生を手に入れていきましょう!

では、今回は以上です。


他の記事をチェックする場合はこちら

デンタルハッカーのライター、前岡遼馬が院長を務める歯科医院はこちら

スポンサーリンク

Dentalhackerの著者が実践する、
"本物のお口のケア"を
すべて無料で公開します

あなたが"無駄な治療"から解放されるために必要な知識、テクニックをすべて詰め込みました。

歯医者の裏側を綴った特別レポート、"本当の歯磨き"について解説した動画コンテンツまで、盛り沢山の内容です。

もうこれで、「虫歯ができた・・・」なんて言わせません!

一度きりの人生、自分の歯で、自分らしく人生を楽しみましょう!

そのためのヒントは全てこの限定講座の中にあります↓↓↓

メールアドレス ※必須


氏名 ※必須

※入力は必須です

詳細はこちら

3 件のコメント

  • 興味深い記事を書いていただいてありがたいです。
    初めて動画を拝見させていただいた時から、「前岡先生 めっちゃ口元きれい」と思っていました 笑

    人と話すとき、ついつい口元に目がいってしまいます。歯ってほんと大切ですね☆

  • ホリミさん、コメントありがとうございます!
    僕の歯並びは父が矯正してくれたものです。口元は第一印象に大きく影響するので大切ですね。

  • 流石ですね!とっても綺麗ですね☆
    わたしも歯科の矯正経験があるので、ついつい話す人の歯並びや口元に目がいってしまいます(^^;)

    こちらの記事一覧をまじめに読ませていただいているのですが、ちょいちょい吹き出してしまうほど笑ってしまうところがありますね。すみません。

    読み手としては楽しく読めるので、飽きがこないので楽しみに読ませていただいています

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    愛知県一宮市にある前岡歯科医院の院長で、『Dentalhacker』のライター。歯周病治療をベースに、「1本の歯を残す」ことにこだわった診療を行っている。『歯の本当の価値を伝いたい』という想いのもと、”歯ブラシから始まる予防歯科”の大切さを広めている。 たまにやる筋トレとバス釣りが趣味。根は真面目な性格だが、人を笑わすのが好きなので、よくウケ狙いに走る。診療中、患者さんに「最近肥えやーた?(名古屋弁で”太った?”の意)」と言われると、ヒドくテンションが下がるナイーブなハートの持ち主でもある。