日本人の9割が知らない!歯を残すために治療よりも大切なこと

スポンサーリンク




前岡遼馬
このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。

意外かも知れませんが、先進国の中でもダントツで虫歯や歯周病が多いのが日本という国です。

そんな環境で生まれ育った日本人は、ほとんどの方が治療をしてもらうために歯医者へ行きます。

そして、僕ら歯医者もより良い治療を行うため、勉強会やセミナーに参加して日々技術を磨いています。歯科医院のホームページを見渡しても、「いかに自分の医院が他の医院よりも優れた治療をしているか」をアピールしている文言が目立ちます。

この事実から分かるように、日本では歯医者を含めて9割以上の人が「歯医者といえば治療」という考え方を持っていると言えるでしょう。

しかし、「歯を残す」という視点に立った時、「治療そのもの」の意味に疑問を感じる場面が多々あります。

そこで今回は僕が患者さんのお口を通して感じ、経験してきた、「歯を残すために最も大切な要素」についてお話したいと思います。

「定期的に歯医者に行けば、歯を守れる」という固定概念が崩れるような衝撃的な内容になりますが、一生自分の歯で過ごすためにとても大切な考え方になるので是非、チェックしてみて下さい。

では早速いきましょう!

歯医者の治療は「プラス」ではない!

多くの人は歯医者で治療を受けることで病気になった歯が健康になると考えています。

もちろん、歯科治療によって穴の空いた(虫歯になった)箇所をキレイに詰めたり、元通りに噛める環境を作ることは出来ると思います。

しかし、健康な状態をゼロ(基準)と考えると、病気(虫歯や歯周病)になった状態はマイナスの状態です。そこから僕らがいくら努力しても、ゼロの状態に戻すことは出来ません。

なぜなら歯には再生能力がないからです。

いくら見た目や機能が元通りに近づいても、人工物で補われた歯は健康な歯に戻った訳ではないんです。

そして、治療を受けた歯は健康な歯に比べて再びトラブルが起こるリスクを抱えることになります。受けた治療内容が質の低いものであればなおさらです。

残念ながらあなた(患者さん)には自分が受けた治療の質を確認する術はありません。僕らが勉強会などで他の先生方と治療ケースを検討する際にも、写真だけでは細かな質まで分からないことが多々あるのです。

つまり、僕たちは歯科治療に対して過度な期待を持ってはいけないんです。

お口の中に関しては、”なってしまった病気の元の状態に近づける「治療」には限界がある”と理解することが、あなたの歯を守る上で大切な一歩になります。

そもそも、なぜあなたの歯は治療が必要になるのか?

実は1本でも多くの歯を残すためには、「どんな治療を受けるのか?」ではなく、「そもそもなぜ治療が必要な状態になってしまったのか?」という点に意識を向ける必要があります。

この「なぜ?」の部分が解決しなければ、次々にあなたの歯は虫歯や歯周病に侵され、寿命を縮めていくことになるからです。

そもそも、「病気の原因がお口の中にある状態で歯科治療を受けても意味がない」と僕は考えています。

なぜなら、僕ら歯医者がこれから治療をしようとする目の前の歯が、将来なくなってしまうことが目に見えているからです。失われることが分かっている歯に対して、時間とお金、労力をかけて治療することは、患者さんにとっても歯医者にとってもあまり価値がないと思うんです。

1本の歯が治療を受けるまでの過程には、必ず原因が存在します。

この原因をプロの視点で見つけ、患者さんと一緒に改善していくことこそ、僕ら歯医者、そして衛生士さんが本当の意味で取り組むべき歯科医療だと思うのです。

定期的なクリーニングで歯が残せるワケではない!

僕はこれまで歯科医師として治療に取り組む中で、残念ながら歯を失ってしまった多くの方とお話してきました。

その中でも特に印象的なのは、「前の歯医者で定期的にクリーニングしてもらってたのに、歯がどんどんダメになってしまって、結局抜くことになってしまったんです」という患者さんの声を聞いたことです。

このエピソードが物語っているのは、前に通っていた歯医者が「クリーニングをいい加減にやっていた」とか、「予防歯科に取り組んでいなかった」ということではありません。

実は、どれだけクリーニングを徹底して行っても、どれだけ予防歯科的な処置を行っても、歯を残すことに大きく貢献することは出来ないのです。

なぜ、クリーニングは意味がないのか?

ここでは分かりやすい例として「クリーニング」にスポットを当てて考えてみましょう。

そもそも「クリーニングが必要な状態になる」ということは、それだけ歯にプラーク(細菌の塊)や歯石が付いてしまっているということです。

プロのケアを受ければ、その効果が長い期間続くと思いがちですが、お口の中はカラダの中でも最も汚い(細菌が多い)場所です。いくら徹底したクリーニングを行っても、24時間もすれば歯の表面に細菌がたくさん付いてきます。

つまり、歯医者でお口の中をキレイにしてもらった効果は、1日経てば消えているということです。

歯医者の定期的な歯石除去(クリーニング)を行うにしても、多くて3ヶ月に1回のペースです。

年間にすれば365日中の4日間です。

たったそれだけの時間、お口の中の細菌が減ったところで効果がないことは、あなたも何となく想像できるのではないでしょうか?

モデルさんが美しさを保つ秘訣を知っていますか?

試しにお口のクリーニングを「美容エステ」に置き換えて考えてみましょう。

「モデルの方が美を保つために定期的にエステに行く」ことを取り上げるテレビ番組は多いのですが、彼らがテレビに出られるほどの容姿を維持できるのは、実はエステに通っているからではなく、「普段からカラダの健康に気を遣い、トレーニングや食事管理を欠かさないから」です。

エステというのは、美を保つために実践していることの一部。氷山の一角でしかありません。

例えばですが、「3ヶ月に1度エステに行くけど、普段はお風呂にも入らない」と言われると、途端に汚い気がしてきませんか?

エステなどのプロのケアというのは、普段の自分自身で行うケアがベースにあって初めて効果のあるものだということです。

じゃあ、何のために定期的に歯医者に行く必要があるの?

あなたが歯医者に定期的に行く(メインテナンスを受ける)理由。

それは、「普段からあなたがどのくらいのレベルでお口のケアが出来ているかをプロの目で確認し、ケア(歯磨きなど)の仕方を改めて確認するため」です。

普段のケアが出来ていなかったり、サボっていて病気になりそうな箇所をクリーニングするのは「おまけ」でしかありません。

歯のメインテナンスで最も大切なことは、「日頃のケアの仕方を一緒に確認して、足りない部分を練習すること」であって、その場限りのクリーニングでキレイになった気にさせることではないんです。

定期受診の際に「どこが磨けていないのか」、「どのように磨いた方がいいのか」、「虫歯にならない食生活は守れているか」などの確認やアドバイスを行うことが、あなたの歯を守る上でクリーニングよりも遥かに大切な要素です。

歯医者の「治療」や「クリーニング」よりも大切なことはコレ!

歯医者の治療よりも大切なこと。

それは、あなた自身の習慣を変えて、病気(虫歯や歯周病)にならないお口の環境を作っていくことです。

既に病気になってしまった歯は当然、歯科治療の助けが必要です。

しかし、他の健康な歯もまた病気のリスクにさらされていることを忘れてはいけません。虫歯や歯周病になってしまった歯は、「たまたま」ではないからです。

あなたの習慣が原因となり、お口の中に虫歯や歯周病が発生する環境が整っていたことでトラブルが発生します。

「お口の中で病気になった歯の周りにだけ悪条件が整っていた」という可能性ももちろんありますが、お口の中は一つの空間です。

学校でインフルエンザにかかった子供がいても、そのクラスを学級閉鎖にして治療を行えば感染拡大を防げます。しかし、病気になった歯を隔離して治療したとしても、お口の中全体に原因があるので感染予防には貢献できないのです。

お口の環境自体が変わらなければ、遅かれ早かれ、他の歯にもトラブルが起こるんです。

あなたが実践すべきこと

あなたがお口の環境を変える上でやらなければならないことはたった2つです。

それは、シュガーコントロールプラークコントロール

シュガーコントロールはお口の中に入る砂糖の量と回数をコントロールすること。プラークコントロールは歯の表面についたプラーク(細菌の塊)を歯磨きで取り除くことです。

それぞれ詳しくお話するとかなりのボリュームになってしまうので、参考になる記事をそれぞれご紹介したいと思います。

シュガーコントロールに関しては、
歯磨きで虫歯は予防できない!プロが実践する虫歯予防をすべて公開!

プラークコントロールに関しては、
歯医者も出来ない!?本当に正しい歯磨きの仕方をイラストと写真で徹底解説!
をそれぞれチェックしてみて下さい。

少しずつ無理のない範囲で実践して頂ければ、確実にあなたのお口は病気の心配のない環境へと整っていきます。

まとめ

今回はかなり抽象度が高い内容になりましたが、あなたの歯を守る上で大切な考え方、視点について詳しくお話させてもらえたと思います。

具体的な知識やノウハウに関してはご紹介した他の記事を参考にしてもらいたいのですが、本質的な部分が理解できていない状態で歯医者を変えたり、歯ブラシを変えたり、習慣を変えたりといった表面的なアプローチをしても思うような効果は得られません。

あなたの唯一無二の歯を守るためには、あなた自身が考え方を変える必要があります。

是非、今回の記事をきっかけに歯医者の治療やお口の環境について考えてみて下さい。きっと20年、30年後、残っている歯の本数は変わってくるはずです。

ではでは、今回は以上です。


他の記事をチェックする場合はこちら

デンタルハッカーのライター、前岡遼馬が院長を務める歯科医院はこちら

スポンサーリンク




Dentalhackerの著者が実践する、
"本物のお口のケア"を
すべて無料で公開します

あなたが"無駄な治療"から解放されるために必要な知識、テクニックをすべて詰め込みました。

歯医者の裏側を綴った特別レポート、"本当の歯磨き"について解説した動画コンテンツまで、盛り沢山の内容です。

もうこれで、「虫歯ができた・・・」なんて言わせません!

一度きりの人生、自分の歯で、自分らしく人生を楽しみましょう!

そのためのヒントは全てこの限定講座の中にあります↓↓↓

メールアドレス ※必須


氏名 ※必須

※入力は必須です

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県一宮市にある前岡歯科医院の院長で、『Dentalhacker』のライター。歯周病治療をベースに、「1本の歯を残す」ことにこだわった診療を行っている。『歯の本当の価値を伝いたい』という想いのもと、"歯ブラシから始まる予防歯科"の大切さを広めている。 たまにやる筋トレとバス釣りが趣味。根は真面目な性格だが、人を笑わすのが好きなので、よくウケ狙いに走る。診療中、患者さんに「最近肥えやーた?(名古屋弁で"太った?"の意)」と言われると、ヒドくテンションが下がるナイーブなハートの持ち主でもある。