これを買えば間違いなし!歯科医がオススメする電動歯ブラシ、完全決着!

スポンサーリンク

前岡遼馬
このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。

「どの電動歯ブラシがオススメですか?」

これまで僕は多くの方からこの質問を受けてきました。

確かに電動歯ブラシ市場では様々なメーカーから数多くの種類が出ており、値段やスペックなど考えるべき要素、選択肢が多すぎて迷ってしまいます。

ネットで検索してみても、オススメの商品を何種類か紹介しているサイトがほとんどで、結局どれを選べばいいのか分からないことがほとんど。

もちろん、一昔前と比べれば電動歯ブラシの性能は格段に上がっているので、大手メーカーの商品を選べば失敗する可能性が低いのも事実ではあります。

しかし、薬局で売られているような通常の歯ブラシと比べると決して安くはない買い物なので、出来れば後悔したくないのが本音だと思います。

「一番高い商品を買えば、外れはない」という発想もありますが、歯磨きに関して不必要な機能がついて高額になっている商品があるのも事実です。

そこで今回は電動歯ブラシの費用・機能・使いやすさ・携帯性など様々な要素を歯医者の僕が吟味して「これを買えば間違いない」というものをご紹介したいと思います。

最小限の費用で、効果の高い歯磨きライフを送るために、是非とも読んで頂きたい内容になっています。

では早速いってみましょう!

電動歯ブラシ購入の前にこれだけは知っておきたいこと

先ずは電動歯ブラシを手にする前に押さえておきたいポイントを確認したいと思います。

正しい認識を持った上で買うのと、「何となく電動の方がキレイに磨けそうだから」という理由で買うのとでは、歯磨きの質に雲泥の差が生まれますので、真っ先にチェックしたいところです。

「電動歯ブラシ=自動で歯をキレイに磨く道具」ではない!

これはとても大切な視点ですが、「電動歯ブラシ=自動で歯磨きする家電」ではありません。

いくら電動歯ブラシ自体の機能が優れていても、それを使うあなた自身が歯磨きの根本的な目的や正しい方法を知らなければ、無駄な出費で終わってしまいます。

さらに、「通常の歯ブラシで磨いた方がキレイに磨けていた」という事態にもなりかねないのが、”道具に頼りきる”ことのリスクでもあるのです。

電動歯ブラシは文字通り電動で毛先が動く歯ブラシなので、実際には磨けていない箇所も「振動によって磨けた気になってしまう」ことが往々にしてある、ということは忘れないで下さい。

「歯磨きについての正しい知識がなければ、電動歯ブラシを買っても何も変わらない」ということです。

正しい歯磨きの仕方については、
歯医者も出来ない!?本当に正しい歯磨きの仕方をイラストと写真で徹底解説!
で確認してみて下さい。

絶対に押さえておきたい歯磨きのポイントを写真とイラストで解説していますので、しっかり学んだ上でこれから先の記事を読んでもらえればと思います。

これだけで電動歯ブラシの効果は何倍にもなりますから。

電動歯ブラシとは何か?

電動歯ブラシというものは歯ブラシの毛先が高速で振動することによって歯の表面に付いたプラーク(細菌の塊)を取り除きやすくする道具です。

振動数や発生させる音波水流などによって、電動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシと区別されますが、基本的な原理は一緒です。

「正しい位置に毛先を当てることが出来れば、短時間で歯磨きを終わらせられる」のが電動歯ブラシを使う最大のメリットです。

電動歯ブラシの効果を最大限に発揮させるためのポイント

基本的に電動歯ブラシだからといって、歯磨きの仕方自体が変わるということはありません。

ベースになるノウハウは先ほどもご紹介した、
歯医者も出来ない!?本当に正しい歯磨きの仕方をイラストと写真で徹底解説!
で確認してみて下さい。

「弘法筆を択ばず」という諺(ことわざ)がありますが、どんな歯ブラシを使っても正しく歯を磨けるような理論とテクニックを身につけた上で、高機能な道具(電動歯ブラシ)を導入することが大切です。

それによって道具の性能を最大限に発揮させることができますし、あなたのお口の中は歯周病のリスクのない環境へと整っていきます。

併せて電動歯ブラシだからこそ気をつけるべきポイントを挙げると、「歯にブラシを押し当てる力加減」です。

ブラシという道具は、「強く押し当てれば汚れがよく取れる」と思われがちですが、毛先が開かないくらいの軽い力で磨きたい物に当てた時に、最も効率よく汚れを落とすことができます。

特に電動歯ブラシの場合は毛先が高速で振動していますので、振動を殺さないように歯へ軽く触れる程度の力加減を意識するがポイントです。

電動歯ブラシはこんな方にオススメ

電動歯ブラシは歯磨きの基本を押さえた上で、「もっと短時間で効率よく歯磨きをしたい!」という方にオススメです。

それと同時に僕は、「電動歯ブラシさえ買えばキレイに磨けるはず」という考えの方は購入しない方がいいと思っています。

なぜなら最初から道具に頼ってしまうと、「自分の手で自分の歯を守っていく」という最も大切な視点が霞(かす)んでしまうからです。

「どれほど普段の歯磨きの質を上げることが大切なのか」、「自分の歯を磨くことがどれだけ難しいことなのか」ということに気づき、正しい歯磨きがイメージできるようになってから電動歯ブラシを使って頂く方が何倍も効果的な歯磨きが出来ますし、一生自分の歯で過ごせる可能性がグッと高まります。

是非、あなたの唯一無二の大切な歯を残すために、「道具に頼りすぎない」という意識を持って頂きたいと思います。

一方で、僕が最初から電動歯ブラシをオススメする場合もあります。

それは、

  • 様々な理由で手を上手く動かせない方
  • 口腔ケアを行う仕事をされている方

です。

脳梗塞や脊髄損傷などの病気や怪我が理由で上手く手を動かせない方には、電動歯ブラシが大きな力になります。

通常の歯磨きで行う、「左右にブラシを細かく振動させる動き」を電動歯ブラシが代わりにやってくれるからです。

手首が腱鞘炎になっている方にもオススメですね。

また、お仕事で口腔ケア(歯磨きや保湿といったお口のケア)をされている方(看護師さんや介護士さん)にも電動歯ブラシは是非とも使って頂きたい道具の一つです。

寝たきりの方や癌(ガン)などの大きな手術の後で自分で正しく歯磨き出来ない方に対して電動歯ブラシを使うことで、磨く時間を短縮でき、お口が清潔になることで合併症予防にも役立ちます。

口腔ケアを受ける方には替えブラシの先だけ購入して頂いて、本体を使い回せばコストも抑えられるので、導入する価値は高いと思います。

またご家族の介護をされている方にも電動歯ブラシは役立ってくれます。

通常の歯ブラシで毎日くまなくお口の中を磨くのはとても大変なので、電動歯ブラシの導入は負担軽減に繋がるはずです。

電動歯ブラシを買っても、結局使わなくなる方も多い!?

電動歯ブラシを買ったはいいものの、結局使わずにお蔵入りしている方もこれまでたくさん見てきました。

意外かも知れませんが、使わなくなってしまう理由で最も多いのが、「口に電動歯ブラシを入れた時の振動がくすぐったい(気持ち悪い)」というものです。

僕がオススメする電動歯ブラシは1万円弱するものなので、「本当に自分は使い続けられるか」が心配な方は薬局などで格安の電動歯ブラシをお試しで購入してみるのも一つの選択です。

安いものでも独特の振動は体感できますので、いきなり高額な電動歯ブラシを買って後悔したくない方は参考にしてみて下さい。

これで完全決着!あなたが買うべき電動歯ブラシはコレ!

では、いよいよ僕が最もオススメする電動歯ブラシについてお話したいと思います。

いくつかの電動歯ブラシと比較しながらご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

歯科医院専用設計の電動歯ブラシ、プリニア スマート

僕が普段使っている電動歯ブラシであり、患者さんにも真っ先にオススメするのが歯科メーカーGC(ジーシー)から販売されている、「プリニア スマート」です。

(注意:家電量販店などでは取り扱いがありません)

聞きなれないメーカーではありますが、GC(ジーシー)は歯医者で知らない人はいない大手メーカーなので信頼度は申し分ありません。

市販の電動歯ブラシも含めて検討した中で、振動数、ブラシのバリエーション、本体の大きさ、コストパフォーマンスなどから総合的に判断した結果です。

それぞれの項目ごとに詳しく見ていきましょう。

オススメポイント1:振動数

プリニアが有するブラシの振動は、電動ブラシでは最高クラスの毎分31000回のストロークです。

高速振動によって適切な位置にブラシを当てることが出来れば、軽い力で効率よくプラークを取り除くことが出来ます。

薬局などで売られている安価な電動歯ブラシとはプラークの除去率が大きく異なるので、少々値段は張りますが大手メーカーや歯科メーカーの商品を選ぶメリットは大きいと思います。

オススメポイント2:ブラシのバリエーション

先ず、メインで使用する「カーブフロートブラシ」というブラシのヘッドの大きさが秀逸です(プリニアの付属品ではじめからついているブラシ)。

補足
日本人の歯並びや歯の大きさに合わせて設計されています

電動ブラシで人気のあるフィリップスのソニッケアーとの比較になりますが、このカーブフロートブラシはコンパクトにまとまった形状なので取り回しが良く、当てたい場所に対して細かく角度を変えることが出来ます。
(フィリップスはオランダに拠点があるので、電動歯ブラシもお口の大きい欧米人をベースに設計されている)

普段僕が患者さんに説明している歯磨きで使用して頂くのも、ヘッドが小さい歯ブラシなので、プリニア(電動歯ブラシ)へ移行する際に違和感が少ないのもメリットです。

ただ1点、山切りカットのブラシ形状になっているのがイマイチなポイントではあります。

が、実際に磨く際には基本的な歯ブラシの当て方にならって使って頂ければ問題ありません。
(僕が自分自身の歯磨きで検証済み)

また、プリニア独自の特徴の一つに、「ワンタフトブラシ」と呼ばれる先端が尖ったポイント磨きブラシが付属している点が挙げられます。

これもソニッケアーとの比較になりますが、ワンタフトブラシはフィリップスにはラインナップされていません。

このブラシは必ずしも必要なブラシ形状というわけではありませんが、磨きづらい上顎の一番奥の奥歯の裏面などを磨く際にはとても有効なブラシですので、上手く使うことでプラークを隈(くま)なく取り除くことが出来ます。

歯並びがガタガタになっている箇所を磨く際にもとても有効なブラシです。

オススメポイントその3:本体の大きさ

電動歯ブラシは通常の歯ブラシと比較すると、振動を生み出すモーターがある分、どうしても大きな本体になりがちです。

しかし、プリニアは不必要な機能を削って本体をコンパクトにまとめているため、とても握りやすく、歯ブラシの角度も細かく変えやすい形になっています。

歯ブラシの持ち方の基本は、ペングリップのように指先だけで持つ方法です。

手の平を使って握るような持ち方をしてしまうと、歯に当てるブラシの角度を調整しづらくなってしまうので、電動歯ブラシでも通常の歯ブラシに近い形で持てる「小さなボディ」がとても役立ちます。

その点でもプリニアは他の電動歯ブラシと比較するとアドバンテージがあると言えます。

オススメポイントその4:コストパフォーマンス

プリニアは電動歯ブラシの優れた機能を持ちながら、コストを抑えている点もオススメポイントの一つです。

市販の電動歯ブラシは高いものであれば2万円を超える金額になりますが、その内訳はあまり使わない付属品や機能によるものが大きいのです。

1万円を切る価格でありながら、毎分31000回のブラシストロークを有するプリニアは、電動歯ブラシとしての機能は十二分です。

また他の高額な電動歯ブラシには「ホワイトモード」などのようにいくつかの振動バリエーションからモードを選んだり、「強さ設定」を行う機能がありますが、通常のブラッシングモード以外はほとんど使いません。

多くの機能を付けようとするとそれだけ本体が大きくなり、費用も高額になってしまうので使用者にとってはあまりメリットがないのが実際のところです。
(「多機能アピール」で購買意欲を高める効果はあるかも知れません)

プリニアはその点、最小限のモード設定のみを有したシンプルな設計なので使い勝手も良くなっています。

オススメポイント5:パナソニックのドルツと相互性がある

実は、プリニアの高速振動を可能にするリニア駆動は日本が誇る電機メーカー、パナソニックが電動歯ブラシ用に開発した技術です。

実際に同メーカーからも電動歯ブラシは数多くの種類が販売されています(ドルツ シリーズ)。

プリニアはこのドルツのミドルクラスのものとほぼ同じデザイン、機能を有していますが、歯科医院専用のパッケージになっている点がパナソニック製にはない魅力になっています。

家電量販店で販売されているドルツの替えブラシと相互性があるので、プリニア用の付属ブラシの替えがなくなった際にも、すぐに購入することが出来るので便利です。

知って得する、電動歯ブラシの豆知識

ここからは電動歯ブラシを使用する前に知っておきたい豆知識について確認したいと思います。

その1:歯磨き粉の選び方

僕は普段、患者さんには「歯磨き粉なしで磨いて下さい」と説明しています。

その理由は歯磨き粉が泡立つことで磨く歯の表面が見えなくなり、肝心のプラークが落としづらくなってしまうからです。

それと同時にミントベースの味によって、「実際には磨けていないのに、磨けた気になってしまう」ことがよくあります。

つまり、電動歯ブラシでも「歯磨き粉なしで磨く」のがベストなのです。

後味を爽やかにしたいのであれば、水のみでキレイに磨いた後で歯磨き粉を付けて再度全体を軽く磨くのがオススメです。

その際に研磨剤を多く含んだ歯磨き粉を使うと、歯の根っこが削れてしまうリスクがあるので注意が必要です。

プリニアにはフッ素を含んだジェルペーストがついていますので、基本的にはこちらを使ってもらえれば問題ありません。

補足
こちらのペーストはアマゾンでプリニアを購入すると付いてきます

その2:ブラシの交換時期

通常の歯ブラシでもそうですが、「いつ歯ブラシは交換すればいいですか?」という質問をよく受けます。

基本的には、毛先が開いたら交換して下さい。正しい力加減で磨けていれば、3ヶ月くらいは問題なく使えるはずです。

使い始めて1〜2週間ですぐに毛先が開いてしまう場合は、明らかにブラシを押し当てる力が強すぎますので、効率よく歯を磨けていないかと思います。

今一度、
歯医者も出来ない!?本当に正しい歯磨きの仕方をイラストと写真で徹底解説!
で正しい歯磨きの力加減を確認してみて下さい。

毛先が開いていなくてもブラシのコシは少しずつなくなってくるので、3ヶ月に1度を目安に交換しておくのが理想的だと思います。

その3:買う必要がない替えブラシ

プリニアには最低限の替えブラシしか付いていないので問題ありませんが、パナソニックのドルツやフィリップスのソニッケアーには歯茎を磨くためのシリコンブラシを付属したモデルがあります。

しかし、この歯茎磨きは全く必要ありません。

歯周病予防は歯の表面に付いたプラークを取り除くことが出来れば達成できるものです。歯茎にはプラークはつかないので、そもそも磨く意味がないのです。

プリニアの場合は最初に付属するカーブフロートブラシとワンタフトブラシ以外は使いませんので、他の替えブラシを買い足す必要はありません。

独断と偏見で選ぶ、買ってはいけない電動歯ブラシ

僕がオススメする電動歯ブラシとその特徴、そして歯磨きの豆知識を確認したところで、ここからは選んではいけない電動歯ブラシをご紹介したいと思います。

飽くまで個人的な意見でしかありませんが、普段の診療での実感をベースにお伝えしたいと思います。

買ってはいけない電動歯ブラシ その1:ブラウン オーラルB

ブラウンのオーラルBと言えば、電動歯ブラシメーカーの中でもパナソニック、フィリップスと並ぶ有名メーカーの商品ですが、これはあまりオススメできません。

理由は単純で、「オーラルBを使っている患者さんで正しい歯磨きが出来ている方を見たことがないから」です。

もちろん、正しい歯磨きの仕方を知り、ブラシの操作に慣れてしまえばオーラルBでもある程度キレイに磨けると思います。

が、この電動歯ブラシが採用している丸型のブラシは非常に磨きづらいんです。歯医者が使うクリーニング用の器具から着想を得たそうですが、こんなに大きなブラシでは僕らもキレイにクリーニング出来ません。

お口全体を隈なく磨けるようになるまでには、相当な努力と時間が必要だと思うので、電動歯ブラシの良さが消えてしまっているのです。

プリニア以外の電動歯ブラシを選ぶ場合でも、オーラルBは避けておいた方が無難だと思います。

買ってはいけない電動歯ブラシ その2:薬局で売られている電動歯ブラシ

家電量販店の歯ブラシコーナーではなく、薬局でも電動歯ブラシは売られています。

しかし、大手家電メーカーから出ているものに比較すると開発資金に乏しく、振動数などの機能面で劣る部分が目立ちます。

「電動歯ブラシの雰囲気を掴むためのお試し」として購入するのはアリかと思いますが、メインの歯ブラシとして使い続けるのはオススメできません。

また、大手メーカーの商品でない場合、売り上げの推移によっては販売停止になるリスクがあります。製造が終わると替えのブラシも買えなくなるので、結局別の電動歯ブラシを再度購入する羽目にもなるので出費がかさんでしまいます。

電動歯ブラシの開発に力を入れているメーカーの方が、保証やサポートの面でもしっかりしていますし、販売停止になる可能性も低いのでオススメです。

まとめ

今回は電動歯ブラシに関して「これでもか!」というくらいのボリュームでお話しました。

買う前に絶対に押さえておきたいポイントに始まり、僕がイチオシする電動歯ブラシと選んだ理由、その特徴から選んではいけない電動歯ブラシまで、必要な知識は網羅できたのではないかと思います。

プリニア スマートは信頼のパナソニック製(日本製)でもあるので安心してお使い頂けるかと思います。

効率の良い歯磨きライフを送るために電動歯ブラシの導入を考えているのであれば、是非、検討してみて下さい。

今回は以上です。


他の記事をチェックする場合はこちら

デンタルハッカーのライター、前岡遼馬が院長を務める歯科医院はこちら

スポンサーリンク




Dentalhackerの著者が実践する、
"本物のお口のケア"を
すべて無料で公開します

あなたが"無駄な治療"から解放されるために必要な知識、テクニックをすべて詰め込みました。

歯医者の裏側を綴った特別レポート、"本当の歯磨き"について解説した動画コンテンツまで、盛り沢山の内容です。

もうこれで、「虫歯ができた・・・」なんて言わせません!

一度きりの人生、自分の歯で、自分らしく人生を楽しみましょう!

そのためのヒントは全てこの限定講座の中にあります↓↓↓

メールアドレス ※必須


氏名 ※必須

※入力は必須です

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県一宮市にある前岡歯科医院の院長で、『Dentalhacker』のライター。歯周病治療をベースに、「1本の歯を残す」ことにこだわった診療を行っている。『歯の本当の価値を伝いたい』という想いのもと、"歯ブラシから始まる予防歯科"の大切さを広めている。 たまにやる筋トレとバス釣りが趣味。根は真面目な性格だが、人を笑わすのが好きなので、よくウケ狙いに走る。診療中、患者さんに「最近肥えやーた?(名古屋弁で"太った?"の意)」と言われると、ヒドくテンションが下がるナイーブなハートの持ち主でもある。