プロが教える、いい治療を受けるための歯医者の予約方法

スポンサーリンク

前岡遼馬
このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。

歯医者で治療を受ける前に必要なことと言えば、「歯医者選び」、「心の準備」、「お金の準備」と色々ありますが、「予約を取る」というステップも避けては通れません。

医科では予約なしでの受診をお願いしている病院も多いのですが、歯科ではそうはいきません。

なぜならお口の中という小さな空間で歯の状態を正しく診断し、精度の高い処置を行うためには、最低でも30分は必要だからです。

治療を行うチェア(診察台)の数も限られている中で、1人の患者さんに対してある程度の処置時間を確保するためには、1日の診療時間、診療人数を決めた予約制を採用する以外に方法はないんですね。

とは言え、初めての方にとっては「歯医者の予約の仕方」だけでもよく分からないことが多いもの。疑問に思ったことがあっても恥ずかしくてなかなか人には聞けないこともあると思います。

そこで今回は歯医者の僕が「いい治療を受けるために押さえておくべき、予約のポイント」をまとめてみました。

「僕が歯医者の予約を取るならこうする」という視点でお伝えしていきますので、是非参考にしてみて下さい。では早速いきましょう!

歯医者を予約する際の基本をチェック!

先ずは歯医者を予約する際に押さえておきたい基本的なポイントをチェックしていきましょう。

その1:歯医者を予約する手段

最初に押さえておきたいポイントは「歯医者を予約する手段」です。

従来は「歯医者の予約」と言えば、電話で直接問い合わせる以外に方法がありませんでしたが、インターネットが普及した今は手軽にネット予約が出来るようになりました。

この電話予約とネット予約、一体どちらを選択すればいいのかという話をしたいと思います。

先に結論から言ってしまえば、歯医者の予約は「電話予約の一択」です。

その理由は予約管理システムにあります。ネットでの予約を完結させるためには、歯科医院の受付の方が院内の予約状況を確認した上での返信を待たなくてはいけません。

ネット予約のみの歯科医院はほとんどないので、リアルタイムでかかってくる電話予約との調整を行わなければいけないからです。

このため、「予約をしたい」と思ったその場で、予約を確定できない結果になってしまいます。結局、はじめから歯科医院に直接電話をかけて予約した方が手間が少ないんですね。

また、電話予約の際に今あなたが抱えている問題や症状を詳しく伝えることが出来るので、スムーズに治療をスタートすることが出来ます。

「歯医者の予約は電話で!」これは是非とも押さえておきたい基本です。

その2:予約の連絡を入れる時間帯

先ほど「歯医者の予約は電話に限る」という話をしましたが、歯医者に電話をかけるタイミングも知っておきましょう。

基本的には歯科医院の診療時間内であれば問題ないのですが、お昼休みの時間帯は留守電になっている医院もあるので避けた方が無難だと思います。

診療時間に関してはインターネットで「〇〇歯科医院 診療時間」などと検索すれば簡単に分かるはずです。

その3:予約の時に伝えた方がいいこと

次に歯医者の予約の際に伝えておいた方がいいことをお話します。

それは、

  • 初めての受診か、過去にかかったことがあるか
  • 受診を希望する時間帯と曜日
  • 診て欲しい歯の場所と今の症状

この3つです。

一つ目の「初診か再診か」という点ですが、再診であれば以前に撮った資料(お口の写真やレントゲン)を予め準備できるので来院から治療スタートまでがスムーズになります。

初診の場合であれば、医院までの簡単な道順や受診した際の流れなども説明してもらえると思います。

次に予約を取る日時ですが、予め受付の方に希望の曜日、時間帯を伝えてしまった方が早く予約日が決まるはずです。

受付の方から予約が空いている日を教えてもらうよりも、自分が受診できる日時から予約が取れるところを探してもらうようにしましょう。

最後のポイントは、あなたが診て欲しい歯の場所と今の症状について簡単に伝えておくことです。どんなトラブルを抱えているのかが事前に分かるだけで、僕ら歯医者は「どんな治療になるのか」、「処置の時間はどれくらいかかるのか」を予想して治療に臨めます。

必要な機材を予め用意することも可能になるので、本当に簡単な内容でいいので「今の症状」を伝えるようにしてみて下さい。

「何とかすぐに診て欲しい」時の予約

「何とかその日のうちに診て欲しい」という場合でも、予約なしでいきなり受診するのはオススメできません。

予約制を採用している医院が多い歯科では、当然ながら予約されている患者さんを最優先にするのでかなりの時間待つことになってしまうからです。

例え当日の受診を希望するにしても予め電話で確認をしておくことで、当日キャンセルが出た枠に入れてもらえたり、処置が比較的短時間で終わりそうな予約患者さんの後に時間を取ってもらえる可能性が高いんです。

ただし、当日の飛び込み予約の場合、通常の予約のように十分な時間を取って治療を行えない場合があることは理解しておかなくてはいけません。「飽くまで応急処置」なので、後日予約を取ってしっかりとした処置を受けることをオススメします。

痛い思いをしないためのポイント
「違和感」があったタイミングで早めに予約を取っておくことが大切です。症状が強くなる前に対応した方が、痛みも少ない治療になりますし、お金もかかりません

受診の際に用意しておくもの

歯医者を受診する際に用意しておくべきものとしては、お金保険証取れた被せ物や詰め物・欠けてしまった歯ハンカチなどです。

それぞれ詳しく見てみましょう。

お金

お金に関しては、処置の内容によってかかる金額は異なりますが、保険治療の場合なら初診で5000円を超えることは先ずないはずです。

ただし、自費(保険外)専門の歯科医院であった場合は、かかる費用がかなり高額になる可能性が高いので予め電話で費用の目安を聞いておきましょう。

保険証

保険証ですが、これを忘れてしまうと保険治療を受けても10割負担になってしまうので注意が必要です。

転職などで一時的に手元にない場合は、受付の方に伝えて後日新しい保険証が届いたら持っていくようにしましょう。差額分を返金してもらえるはずです。

取れた被せ物や詰め物、欠けてしまった歯

歯から取れてしまった被せ物や欠けてしまった歯の一部に関してですが、「こんなの持って行っても、どうせ使えないだろうな」と自分で判断するのではなく、必ず担当する先生に見てもらうようにしましょう。

もし仮に使えなかったとしても、トラブルが起こった原因を知るための判断材料になります。

ティッシュに包んで持っていくとゴミを間違えて捨ててしまう可能性もあるので、中身の見える透明な袋(ジップロックなど)に入れて持参するようにして下さい。

ハンカチ

医院によっては、ユニット(患者さんが寝る診察台)にティッシュなどを用意していますが、念のため自分でも口を拭くためのハンカチは持っていくようにしましょう。

型取りをした際の材料などが口に残った際にもぬぐい取るのに便利ですし、治療の際に顔に水が飛んだ時もすぐに拭き取れます。

歯医者を予約した時の5つのマナー

ここでは、歯医者を予約した後のマナーについてお話したいと思います。

接客をした経験のある方なら分かりますが、お客さんのマナーが悪いと丁寧なおもてなしをしたいと思えないのが人間という生き物です。「いい治療を受けたいなら、マナーを守るべし」です。

とは言え、堅苦しいことは一切ありません。簡単なポイントだけなので、是非チェックしてみて下さい。

無断キャンセルをしない

これは言わずもがなですが、予約を取っているにも関わらず、何の連絡もなしに当日キャンセルをするのは絶対にやめて下さい。

予約を受けた歯科医院はあなたのためだけに時間を確保しています。ホテルを予約した時のように当日キャンセルをしてもキャンセル料を取られることはありませんが、「信頼」という大きな価値を失うことになります。

歯医者と患者さんという関係でも、人と人との付き合いです。「約束した以上は時間通りに来る」という礼儀は最低限守りましょう。

もし、急な体調不良などで来院できない場合は、電話でその旨を伝えるようにして下さい。何事もホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)が大切です。

当日だけ頑張って歯を磨かない

これはマナーというよりも、あなたの歯を残すために押さえておきたいチェックポイントです。

歯科医院を受診する当日だけ頑張って歯を磨いてしまうと、診察してもらった際に「この人は普段からしっかり磨けているから大丈夫だな」と思われてしまい、適切な診断・治療を受けられない可能性があるんです。

歯を守る上で大切なことは「あなたが普段から実践しているお口のケアを評価してもらい、気をつけるべきポイントがあればアドバイスを受けること」です。

当日だけ「私はいつも歯をキレイにしています!」とアピールしたところで何も得られるものはありません。歯医者に褒められても、歯は残りませんからね。

普段通りの、ありのままのお口の状態で受診するように心がけて下さい。

口紅やグロスをつけて来院しない

女性の場合、口紅やグロスの使用も注意したいところです。

歯科治療をする際に口紅などがついていると非常に処置がしづらくなりますし、下手に色が他の場所に着いてしまうと落とすのも大変です。スムーズな処置を受けるためにも口紅・グロスの使用は控えるようにして下さい。

また顔全体の化粧も最低限に抑えておくのが無難です。治療中は顔に水が飛んだりもするので、化粧が崩れやすくなってしまいます。

「治療の後にすぐに出かけなければいけない」などの理由がない限り、過度な化粧は控えるようにして下さい。

お気に入りの服を着て来ない

歯科治療中は様々な薬品や色素が入った液体を使用しますし、抜歯などが必要になれば血が出ることもあります。

万が一服に飛んでしまうとなかなか落とせないシミになってしまうので、汚したくないお気に入りの服は着て来ないようにして下さい。

黒などの濃い目の服であれば比較的安心です。

治療中に体を動かさない

これも当たり前のマナーになりますが、歯科治療中は極力、カラダを動かさないようにして下さい。顔だけでなく、手や足を動かしてもその振動がお口にまで伝わってきます。

歯1本1本の処置はとても細かいものですし、高速回転する切削機器なども使用しているためとても危険です。唇や舌を傷つけないためにも、できる限り動かないようにしましょう。

もし、何か伝えたいことなどがあれば、左手を小さく挙げるようにして下さい(右手を挙げてしまうと治療中の先生の手に当たってしまって危険)。歯医者も治療の手を止めて話を聞いてもらえると思います。

いい歯医者を見つけるための知恵

ここまでは歯医者の予約をする上で必要な知識やマナーについてお話してきましたが、最後にいい歯医者を見つける上で参考になる記事をご紹介したいと思います。

絶対に迷わない、本当にいい歯医者の選び方。

一生自分の歯で噛みたいなら、無愛想な歯医者を選べ!

この2つの記事を読んでいただければ、あなたに合った素晴らしい歯医者に巡り会える確率が高まるはずです。是非、参考にしてみて下さい。

まとめ

今回は「歯医者の予約の仕方」についてかなり詳しくお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

基本を押さえるだけで予約から治療までをスムーズに進められますし、治療を担当する先生とも良好な人間関係が築けるはずです。

記事を通して色々覚えるべきポイントはあったかも知れませんが、結局最後は「人と人」です。最低限のマナーを守って、礼儀をわきまえれば大きなトラブルが起こることはありません。

あまり肩肘張らずに気軽に歯医者を受診してもらえればと思います。

治療を受けるなら、「あれ?なんかおかしいな。」と思った瞬間がベストです。痛みなどの症状が出てから慌てて歯医者を決めてしまうと、後悔することも多いはずです。

信頼出来るかかりつけの歯医者を見つけて、早め早めの受診を心がけてみて下さい。10年後、20年後に残っている歯の本数は大きく変わるはずです。

では、今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


他の記事をチェックする場合はこちら

デンタルハッカーのライター、前岡遼馬が院長を務める歯科医院はこちら

スポンサーリンク

Dentalhackerの著者が実践する、
"本物のお口のケア"を
すべて無料で公開します

あなたが"無駄な治療"から解放されるために必要な知識、テクニックをすべて詰め込みました。

歯医者の裏側を綴った特別レポート、"本当の歯磨き"について解説した動画コンテンツまで、盛り沢山の内容です。

もうこれで、「虫歯ができた・・・」なんて言わせません!

一度きりの人生、自分の歯で、自分らしく人生を楽しみましょう!

そのためのヒントは全てこの限定講座の中にあります↓↓↓

メールアドレス ※必須


氏名 ※必須

※入力は必須です

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県一宮市にある前岡歯科医院の院長で、『Dentalhacker』のライター。歯周病治療をベースに、「1本の歯を残す」ことにこだわった診療を行っている。『歯の本当の価値を伝いたい』という想いのもと、"歯ブラシから始まる予防歯科"の大切さを広めている。 たまにやる筋トレとバス釣りが趣味。根は真面目な性格だが、人を笑わすのが好きなので、よくウケ狙いに走る。診療中、患者さんに「最近肥えやーた?(名古屋弁で"太った?"の意)」と言われると、ヒドくテンションが下がるナイーブなハートの持ち主でもある。