虫歯を削らずに治す唯一の方法をプロが徹底レクチャー

スポンサーリンク




「虫歯を削らず治す」

そんなキャッチコピーを見かけると「そんな最新治療があるんだ!」と思わず心が動いてしまうのではないでしょうか?

アマゾンでも「名医は虫歯を削らない」という本が売れるなど、これまでは削って詰めるのが当たり前だと思われていた虫歯に対して、極力歯医者の手を加えずに治していく考え方が少しずつ日本にも広まりつつあります。

誰しも歯医者で「キュイーーーン!!!」という嫌な音は聞きたくないもの。

今回は多くの人が出来ることならそうしたいと思う、「虫歯を削らず治す」ために必要な情報を伝えていきたいと思います。あなたの大切な歯を守るために、是非、最後まで真剣に読んでみて下さい。

では早速いきましょう!

「虫歯を削らずに治す」の本当の意味

「虫歯を削らずに治す治療」とは一体どんなものなのでしょうか?

  • 最新機器を使って細菌を全滅させる
  • 失われた歯の一部を再生させる

のような近未来的な治療を想像してしまいますが、最初に結論をお話します。

実は、虫歯は治らないんです。

「虫歯を削らずに治す治療」というのは、「虫歯の進行を止めること」であって、既に失われてしまった歯の一部を復活させるような魔法の治療ではありません。

そこまで深く進行していない表面的な虫歯に対して、予防的な処置(削らない処置)や生活習慣の改善を行い、それ以上虫歯が進まないようにすることを「削らない虫歯治療」と表現しているのが実際のところです。

一見、削って詰めてしまった方が良さそうな気もしますが、僕ら歯医者が人為的な手を加えることは歯にとって「百害あって一利なし」です。詰めた箇所はパッと見、キレイに仕上がりますが、詰め物と歯との間にはわずかな段差が必ず残ります。

この段差が「再び虫歯になりやすい環境」になってしまうんです。つまり、一度でも治療を受けてしまった歯は、再び治療を受けるリスクを抱えることになるんです。

歯を残すために最も大切なのは、「極力、歯医者の治療を受けないこと」だと僕は思っています。「歯医者の治療なんてクソ喰らえ!」くらいに毛嫌いしてもらう方があなたの歯の寿命は延びるんです(もちろん、虫歯にならない正しい知識を身につけた上で)。

そもそも歯には「再生能力」がない

これはとても大切なことなのですが、歯、そして歯を支える周囲の骨も一度失われてしまうと二度と再生することはありません。

僕ら歯医者が虫歯を削って詰めたり、被せ物を入れたりする行為は「治療」と表現していますが、失われてしまった機能を補っているだけです。

事故や病気で失ってしまった体の一部を補う、義手や義足といったリハビリの一種です。歯科治療では見た目や機能が比較的元どおりに近い状態に回復するので、患者さんも「治った」と錯覚しているに過ぎません。

口の中の病気は他の病気のように自分の免疫力や回復力では、元どおりにならない

これを肝に銘じてもらえればと思います。

これからお話していく内容は、「自分の歯は唯一無二のもの」という前提に立てばスムーズに理解していただけるはずです。

「虫歯を削らずに治す」ためのポイント

虫歯を削らずに終わらせるために最も大切なことは、「自分で虫歯があると認識するよりも前に歯医者へ行く」ということです。

歯医者がよく言いそうなアドバイスではありますが、先ほどもお伝えした通り、虫歯は自然に治ることがない病気です。つまり、遅かれ早かれ治療が必要になる時が必ず来ます。

ただし、まだ虫歯ができたてで表面的な状態であれば、削らずに予防的な処置を行うだけで済みます(これが「削らない虫歯治療」)。虫歯を削られないためには「自分でも気づかないくらいの初期の段階で見つけてもらう」ことがとても大切です。

大きな穴ぼこになるほどに虫歯が進行してしまうと、削って詰めたり、被せ物を入れる以外に虫歯の進行を止める術がなくなってしまうからです。

多くの人が「虫歯がある」と自分で認識している段階は、既に虫歯がある程度進行してしまっている場合がほとんど。だからこそ、自分で何の問題もないと思っているうちに歯医者で初期の虫歯がないか見てもらう必要があるんです。

ここまでの内容を踏まえた上で結局、「歯医者に行くのは早いに越したことはないよ。(何の問題もないうちに受診した方がいいよ)」ってことになるんですね。「早いうちに歯医者を受診するメリット」についてはこれからもう少し掘り下げてお話します。

早く受診するメリットその1:歯医者の技術による差が少ない

表面的な虫歯であれば、削らずに虫歯の進行を止めるだけの「削らない治療」を受けることが可能になります。

しかし、既にある程度虫歯が進行してしまっている状態で虫歯が見つかってしまった時でも、早い段階で受診することに大きなメリットがあります。

それは、「歯医者の腕による差が少ない」ということ。

虫歯によって削る範囲が大きくなればなるほど、技術の差が出ます。普段から保険・自費(保険外)に関わらず、丁寧に治療をしている歯医者なら大きな虫歯であっても安心して治療をお任せできますが、そんな理想的な歯医者は稀(まれ)です。

「歯医者を信用するな!」と言うと語弊がありますが、基本的に保険治療であれば十分な時間をかけて治療できないのが現状なので、完璧とは言えない処置をされてしまう可能性が高いと思います。

ただ、虫歯がまだ小さい段階であれば、処置にかかる時間、労力も少なくて済むので「どの歯医者で治療しても大差ない」という状況になります。ただでさえ歯医者選びは難しいので、これは大きなメリットと言えます。

早く受診するメリットその2:治療期間が短い

虫歯が表面的な状態であれば、「削らない」という選択肢があるので当然積極的な治療は必要なくなります。治療期間自体がないと言ってもいいでしょう。

さらに削らなくてはいけない状態の虫歯であっても、範囲が小さければ小さいほど治療期間は短くなります。ちょっとした虫歯であれば、その日のうちに処置は終わってしまいます。

ところが虫歯の範囲が大きく、削って型取りをしなければいけない治療になってしまうと何度も通院しなければいけなくなります(最低2回)。

「極力、歯医者には行きたくない」というのが多くの人の本音だと思うので、少ない回数でさっさと治療は終わらせてしまいましょう。

早く受診するメリットその3:白くキレイに治してもらえる

これは先のメリット1、2に似た内容ですが、虫歯の範囲が小さければ保険であっても白い詰め物(コンポジットレジン)で白くキレイに治すことが可能になります。

大きな虫歯になってしまうと、削る範囲の大きさ、残った歯の強度の問題から銀の詰め物、被せ物を選択する機会が多くなってしまいます。もし白く治したいと思っても、自費(保険外)の治療になるのでかなり高額な費用がかかります(最低5万円ほど)。

「保険で白くキレイに治療して欲しい」と思うのなら、なおさら早めの受診がオススメです。

具体的に保険の白い詰め物だとどんな仕上がりになるのかは、

「保険で出来る白い詰め物」をどこよりも分かりやすく徹底解説!

こちらの記事でチェックしてみて下さい。

削らない虫歯治療の全貌を公開

さて、いよいよここからは「削らない虫歯治療」で行われる具体的な内容をお話していきたいと思います。

とてもシンプルな内容ですが、あなたの歯を守る上で大切なポイントがたくさんあるので、是非、心して読んで下さい。

ステップ1:虫歯の原因に対してアプローチ

先ず「削らない虫歯治療」を行う上で最も大切なことが、「正しい虫歯の原因を知り、虫歯ができるリスクをなくしていくこと」です。

お口の中の病気の9割は必然です。

なるべくして虫歯や歯周病になっているんです。年齢もほとんど関係ありません。つまり、明確な原因がお口の中、もっと言えばあなたの生活習慣に存在しているということ。

ここにアプローチせずに歯医者の治療を受けること自体が無意味です。

なぜなら次から次に新たな虫歯ができたり、歯周病が再発するからです。例えるなら、「暴飲暴食が原因で太っている人が生活習慣を変えずに脂肪吸引をしてもらっても大した意味がない」のと同じこと。

「なぜ虫歯ができるのか」を知り、自分の生活の中で原因となっている要素を消していく過程が削らない虫歯治療の第一歩です。

具体的な理論、ノウハウをここでお話すると長くなってしまうので、簡単にお伝えすれば「シュガーコントロールを適切に行う」ということ。砂糖を含んだ甘いものを口に入れる回数、量をコントロールしていくということです。

1日の中で甘いものを食べたり、飲んだりする回数が増えれば増えるほど虫歯のリスクは上がっていきます。

「自分の食生活を見直す」ことがシュガーコントロールのポイントです。

この辺りの詳しい内容は、

歯磨きで虫歯は予防できない!プロが実践する虫歯予防をすべて公開!

この記事が参考になると思いますので、チェックしてみて下さい。

ステップ2:唾液が出やすい環境を作る

虫歯を予防する上で大きな役割を果たしているのが「唾液」です。唾液には殺菌作用、再石灰化作用、緩衝作用などお口の健康を守る上で欠かせない役割がたくさんあります。

この唾液が出やすくなる環境を作ってあげることで、虫歯になりづらいお口になっていきます。

具体的に行うのは、「意識的な水分摂取」と「唾液腺マッサージ」

唾液はもともと血液がお口の中に染み出してきたものなので、カラダに水分が足りていない状態では十分な量が出てきません。特に年齢を重ねれば重ねるほど水分を摂る機会も減るので、お口の中が乾きやすくなってしまいます。

そこで1日1リットル以上(出来れば2リットル以上)を目安に意識的に水を飲んで水分補給をする必要があります。カラダ全体の健康にとっても水分摂取は効果的なので、是非、意識して水を飲むようにして下さい。

一度にたくさんの水を飲むのではなく、コップ1杯ほどの量をこまめに飲むのがポイントです。

また唾液腺マッサージというのは、唾液を作り出す器官を刺激して分泌(ぶんぴつ)を促すことです。

具体的なやり方は、
こちらのイラストを参考にしてみて下さい。
(出典:口腔ケア)

ステップ3:軽度の虫歯になった歯へのアプローチ

お口の中が虫歯にならない環境になった上で初めて、個々の歯へアプローチする意味が出てきます。

ここで具体的に行うのが、フッ素の使用です。

フッ素というと市販の歯磨き粉には大体含まれている成分ですが、ここで使用するのは「洗い流さないフッ素ジェル」です。

正しい歯磨きを行なった上で、寝る直前に歯の表面に満遍なくこのジェルを塗ってもらいます。この成分が歯に浸透することで虫歯が進行しづらい表面構造に変わっていくんです。

実際に虫歯で少し表面が柔らかくなっていた歯でも、シュガーコントロールができた上でフッ素を毎日しっかりと使ってあげればカチカチになります。

「本当にここ、虫歯だったっけ?」と疑いたくなるような程、効果が出ますので継続して使い続けることが大切です。

フッ素に関しての詳しい内容は、

歯医者が使う、おすすめの歯磨き粉を紹介!

の記事を参考にしてみて下さい。

まとめ

今回は「虫歯を削らずに治す」本当の意味に始まり、具体的な対応の仕方までかなり詳しくお話させてもらいましたがいかがでしたか?

日本の現状では虫歯を見つけるとすぐに削って詰める治療を行う歯医者も多いのですが、保険医療の制度自体が変わらなければこの流れは大きく変わることはないと思います(積極的な治療をしないと収益が上がらないシステムになっているため)。

あなたの大切な歯を守るためには、「日本の歯医者が変わるのを待つ」といった悠長なことを言っている時間はありません。本当に患者さんのために全力を尽くしている歯医者を探すのも時間がかかることでしょう。

結局、「虫歯を削らずに治す」ことに限らず、出来る限り治療を受けないで済むお口の環境をあなた自身が作っていく必要があります。

それが時間もお金も労力もかけずに自分の歯で、自分らしく生きていく唯一の道だと僕は考えています。是非、今回の記事をきっかけに普段のケアを見直してみてもらえればと思います。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク




Dentalhackerの著者が実践する、
"本物のお口のケア"を
すべて無料で公開します

あなたが"無駄な治療"から解放されるために必要な知識、テクニックをすべて詰め込みました。

歯医者の裏側を綴った特別レポート、"本当の歯磨き"について解説した動画コンテンツまで、盛り沢山の内容です。

もうこれで、「虫歯ができた・・・」なんて言わせません!

一度きりの人生、自分の歯で、自分らしく人生を楽しみましょう!

そのためのヒントは全てこの限定講座の中にあります↓↓↓

メールアドレス ※必須


氏名 ※必須

※入力は必須です

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県一宮市にある前岡歯科医院の院長で、『Dentalhacker』のライター。歯周病治療をベースに、「1本の歯を残す」ことにこだわった診療を行っている。『歯の本当の価値を伝いたい』という想いのもと、"歯ブラシから始まる予防歯科"の大切さを広めている。 たまにやる筋トレとバス釣りが趣味。根は真面目な性格だが、人を笑わすのが好きなので、よくウケ狙いに走る。診療中、患者さんに「最近肥えやーた?(名古屋弁で"太った?"の意)」と言われると、ヒドくテンションが下がるナイーブなハートの持ち主でもある。